お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
肌荒れや不快感、おなかの張りなどの症状があり、多くの女性を悩ませている「便秘」。このページでは、働く女性の便秘にまつわる悩みや、予防と対策など、「便秘」にまつわる記事を集めました。
男女の本音 不調

時間が解決!? 彼の家でも「大」ができる関係になるコツ4つ

ファナティック

彼の部屋に遊びにいったときに、困ってしまうのがトイレ問題ではないでしょうか。特に大きなほうをもよおしてしまっても、恥ずかしくて我慢してしまいますよね。彼の家でも「大」ができる関係になれば、そんなことを悩む必要もないもの。女性のみなさんに、コツを教えてもらいました。

<彼の家でも「大」ができる関係になるコツ>

■言いたいことは我慢しない

・「普段から思ったことは言葉にする。気兼ねない関係を作っておけば、彼の家での“大”も気にならない。あとは男性の度量の大きさによると思うが……」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「言いたいことをお互いに言うようにする」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「思ったことは思ったときに伝えるようにする。我慢は毒と普段から習慣づくようになるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

普段から言いたいことを言い合えるようにしておくと、おなかが痛くなったときも、すんなり「大」のことを言い出せるかもしれませんね。お互いが気を使わない関係であれば、それほど彼女の「大」を気にしないものではないでしょうか。

■時間の経過を待つ

・「付き合いが長くなれば自然になれる」(23歳/その他/その他)

・「徐々に距離をつめる。トイレの使い方はそれなりにナイーブなので、ストレートには言わない」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「時間が解決してくれるのを待つ以外わからない。私自身、まだできない」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

彼の家で自然に「大」ができるようになるには、やはり時間の経過をひたすら待つしかないのかもしれません。だんだんと関係に慣れてくると、トイレも恥ずかしくなくなってくるはずです。

■なんでも話せるようになる

・「なんでもオープンに話せる仲になる」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「トイレのことでもぶっちゃけて話しできるようになる」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「腹を割って話せる関係になっておく」(33歳/不動産/専門職)

なんでもお互いのことをオープンに話し合っていれば、トイレの話もさりげなくできるようになるかもしれません。「大」をするのは、何も自分だけではありません。

■体調を話しておく

・「おなかの調子とか話せる仲になること」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「おなかの調子の話をしてみる」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「便秘かどうか、など体調のことを話してお互いの体質を知っておくこと」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

日頃からおなかの調子がよくないのであれば、前もって彼氏にそのことを伝えておくと、トイレもスムーズに行けそうです。我慢するほうが体によくないということは、彼氏も知っているはずです。

<まとめ>

デリケートな問題になるので、彼には「大」のことは話しづらいという人も多いかもしれません。でも、わざわざ話をしなくても、トイレの時間の長さで彼も察してくれるはず。我慢は体に悪いので、もよおしたときは、恥ずかしがらずにするようにしましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月29日~2016年9月5日
調査人数:103人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]