お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
仕事や恋愛、将来の不安など、さまざまなストレスを抱える働く女性たちの「メンタル」。このページでは、働く女性の悩みに関する本音やメンタルケアの方法など、「メンタル」にまつわる記事を集めました。
男女の本音 メンタル

それヤバくね? 精神を病みそうな職場4パターン

職場環境というのは、人の心に甚大な影響を及ぼします。きちんとお給料をくれて、やりがいがあり、自分を認めてくれる上司、熱心に指導してくれる先輩、お互いに切磋琢磨できる同僚、支えてくれる後輩などがいる職場ならば、前向きに仕事に取り組むこともできるでしょう。しかし、世の中はそんな素晴らしい職場ばかりとは限りません……。真逆の職場で精神を病み、休職してしまう人も現代社会では少なくないのです。では、一体、どんな職場だと精神を病みやすいのでしょうか。今回は、「精神を病みそうな職場の環境」について、働く女性たちの意見を聞いてみました。

■ブラック企業

・「ブラック企業でお給料があまり出ない環境だったら心がすさむと思う」(26歳/その他/その他)

・「ブラック会社のような過酷労働やパワハラ環境」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「ブラック企業や、競争し合ってばかりの環境。つらいから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「ブラック企業。1社目がそれで、深夜帰宅のうえ、朝からひざまずいてひとりひとりにあいさつで病んでしまったから」(28歳/その他/事務系専門職)

膨大な仕事量で残業を強要し、でも残業代は出さない、もしくは、理不尽な社則で精神的な苦痛を与える、いわゆる「ブラック企業」。こういう職場に、まともに勤められる人はなかなかいないはず……。

■クレーマー対応

・「カスタマーセンターで、常にクレーマーと接しているとどんな人でも弱ってしまうと思う」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「コールセンター。苦情が多そう」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「クレーム処理を専門に行う現場。クレーマーからの理不尽な言い分に腹が立ちそうだから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「お客様相談室。いろんなクレームに対応しないといけないので病みそう」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

一日中、自分に非のないはずの非難を聞き続けていたら、気持ちもめいるというものです。過度なクレーマーにぶち当たってしまったら、その日一日ブルーな気分になってしまいそうですね……。

■人間関係が最悪!

・「仕事が忙しくて、職場の全員がピリピリしている。忙しくても冗談を言えたりするとなんとか耐えられると思うから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「怒鳴り声が飛び交っている。嫌な言葉は関係ないと割りきっていても潜在的に嫌な気持ちにさせるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「人間関係が最悪な場所はどんな仕事内容であろうと精神を病みそう」(32歳/自動車関連/技術職)

・「悪口ばかり言い合っている職場。人間関係が悪いと必ず病む」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

多少仕事内容がつらくても、人間関係がしっかりしていれば、「がんばろう!」と思えるかもしれません。ですが、それがぎくしゃくしていると心の支えがなくなり、精神的にまいってしまうのでしょう……。

■女性が多い職場!?

・「女性が多い。もめそう」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「女性しかいない職場」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「女ばかりの職場。マウンティングとねたみそねみの嵐」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

・「女子が多い職場。人間関係が面倒くさそう」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

女性が多い職場のすべてが悪いわけでは決してありませんが、ひとりでも意地悪な人がいると、職場の雰囲気が悪くなり、仕事に対して消極的になってしまう人も多いでしょうね。女性だからこそ、ねちねちした人間関係が繰り広げられることもありそうです。

<まとめ>

どんなにお給料がよくても、精神的苦痛が伴う仕事は、将来的に自分のためになるかどうかはわかりません。それによって、マイナスの結果を生み出す可能性も大いにあります。「ここはまずい!」と感じる職場に勤めているのなら、精神を病む前に環境を打破する自分なりの方法を模索してみるといいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月18日~8月23日
調査人数:106人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]