お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
仕事や恋愛、将来の不安など、さまざまなストレスを抱える働く女性たちの「メンタル」。このページでは、働く女性の悩みに関する本音やメンタルケアの方法など、「メンタル」にまつわる記事を集めました。
男女の本音 メンタル

失恋から早く立ち直るための4つの方法とは

ファナティック

ツラい失恋の思い出はできるだけ早く忘れてしまって、新しい恋に踏み出したいもの。とはいえ、好きな人との別れというのは思った以上にダメージも大きそう。精神的にまいってしまうこともありますよね。そこで今回は、どうすれば失恋から早く立ち直ることができるのかを女性たちに聞いてみました。

■新しい恋を探す

・「次の恋をする。よりよい恋をすれば忘れる」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「新しい出会いを探しにいくこと。忙しくしていれば忘れられます」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「次の恋を見つける。女性は上書き保存だから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

「女の恋は上書き保存」。女性は男性とちがって、新しい恋を見つけると前のことはきれいに忘れられる人が多いと言われているので、失恋から立ち直るには次の彼を探すのが一番。すぐに彼氏が見つからなくても、積極的に出会いを求めるという気持ちに切り替えるだけで、失恋から早く立ち直れそうですよね。

■失恋のことは考えない

・「思い出のものはすべて焼却する」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「考えないこと。考えると涙が出るのでいかに集中できるものを見つけるか」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「その人のことを思い出すようなことをしない。行動をしなければ、忘れていくから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

ツラいことがあるとそればかり考えてしまうというのは、失恋に限ったことではありません。ですが、あえてそこから目を逸らすというのもツラさを忘れる方法のひとつ。彼を思いだしてしまうものなどはきれいに処分してしまうと、思い出の品を見るたびに泣けてくるということもなさそうです。

■友だちと遊んだり趣味に打ち込んだりする

・「女友だちに話を聞いてもらったり、旅行したりしてたくさん遊ぶ。徐々に失恋の傷が癒える」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「旅に出る。世界は広いと実感し、気持ちを切り替えることができるから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「おいしいものをたくさん食べたり睡眠をとったり、自分にとって楽しいことをたくさんやる。時間が必ず解決してくれると思うから」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「ちがうことに没頭する。時間が経てば、感情も薄れるから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「気分転換の趣味をするといいですね」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

恋愛中は彼が第一。友だちとの付き合いや趣味を後まわしにしてしまう人もいますが、失恋のツラさを忘れさせてくれるのは友だちとの他愛もない会話や打ち込める趣味ですよね。自分が楽しいと思うことを続けていれば、少しずつでも彼のことを思いだす時間は短くなりそうです。

■とことん落ち込む

・「泣いて泣いてスッキリする」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「とにかく気が済むまで落ち込むこと。そのうちバカらしくなってくる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ツラいときにはとことん落ち込んで、もう涙も出ないくらいに泣いてみるという方法も。数時間で済むのか何日もかかるのかは人それぞれでしょうが、とことん落ち込んでしまえばどこかで霧が晴れたように気持ちがスッキリすることも。涙を流すというのは心の浄化作用にも役に立つと言われていますよね。

失恋から早く立ち直る方法、いかがでしたか? ひとりの人と別れてもすぐに気持ちを切り替えられる人もいれば、何年も引きずる人も。付き合いの長さや相手への愛情の深さなどによって、失恋の傷の深さにも差があるのは当然のこと。落ち込んではいけないと自分に無理をさせるのではなく、ほかにもっと楽しいことがあると考え方を変えてみるのもよさそうですよね 次の恋はきっとうまくいくと思えれば、新しい出会いに対しても積極的になれそうです!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月18日~2016年8月23日
調査人数:103人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]