お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

女子には理解不能? アラサー男子が「俺ってロリコンかも」と思った瞬間

ファナティック

コーヒー自分と同年代の女性よりも、もっと若い少女や幼女に興味関心を抱いてしまう、ロリータ・コンプレックス。アラサー女性からすると「理解できない!」と思ってしまうものです。とはいえ男性たちにとっては、意外と身近に存在している言葉のようで……!? アラサー男性たちが「自分って若干、ロリコンの要素があるかも?」と思った瞬間について、具体的なエピソードを教えてもらいました。

■美人<かわいい人

・「美人顔より幼い顔の子のほうが好きなので、思います」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「童顔好きなので、少なからず、ロリコンだと思う」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「わりとばっちりメイクよりは、すっぴんに近い顔が好きなところ」(32歳/学校・教育関連/専門職)

世の中には、大人っぽくてセクシーな美人系女性と、年齢よりも若く見られがちな童顔女性が存在しています。両者が並んだときに、つい「かわいい人」のほうに目が向いてしまった瞬間、自分の中のロリコン要素を自覚する方も多いようです。

■アイドル!

・「若いアイドルがテレビに出てるのをよく見てたら、いつの間にかファンになってしまってたこと」(36歳/情報・IT/技術職)

・「広瀬すずがかわいい」(26歳/金融・証券/専門職)

日々テレビで活躍するアイドルや女優さんの中には、まだ本当に若い世代の方もいます。ファンとして応援したい気持ちが、そのままロリコンにつながりうるものなのかどうか……。男性的にも悩みどころなのかもしれませんね。

■女子学生にドキッ!

・「かわいい女性高校生を見ると注目してしまう」(36歳/建設・土木/技術職)

・「中学生と遊んでいて楽しかったとき」(38歳/情報・IT/技術職)

・「小学生でも、この子は将来美人になるなぁと考える」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

女子高校生、女子中学生、そしてなんと女子小学生まで!? 接していると、なんとなくドキドキしてしまう! という男性意見も多数ありました。大人顔負けのセクシーさを身につけている子もいますが、やはりモラルは守っていただきたいものです。

■ガッツリロリコン!?

・「好きなセクシー女優のタグにロリータが含まれている」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「っていうかロリコンです。ただ、ロリコンとはどこまでを言うのか……その概念も曖昧に感じます。ひょっとしたら、私のは単なる趣味の話かもしれません」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「夜のお店で女性にセーラー服を着てもらうようオプションをつける」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

もしも彼氏のこんな趣味が発覚したら……!? 対応に困る女性も多いはずです。単純に「趣味」として、ロリコンジャンルを楽しむならアリ!? カミングアウトのときには、ちょっと戸惑ってしまうかもしれません。

■まとめ

実はロリコンの気があるかも……というアラサー男性は、意外と少なくないことが分かりました。「もしかして、私の彼氏も!?」と思ったら、まずは彼氏のロリコン度について、冷静に見極めるべきかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]