お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

じっくり見ないでっ! ちょっと恥ずかしいほくろの場所6つ

ファナティック

多かれ少なかれ、誰にでもある「ほくろ」。色や形、大きさだけでなくほくろができる場所もさまざまですが、その場所によっては、コンプレックスに感じてしまうほど恥ずかしい思いをすることもあるようです。そこで今回は、女性たちが「恥ずかしいと思うほくろの場所」についてこっそり聞いてみました。

■顔の真ん中で目立つ「鼻の下」

・「鼻の下。汚いものに間違われそう」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「鼻の下。間抜けっぽい」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「小鼻の横。目立つ。視線が集中する」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

顔の中心に近いだけに小さなものでもかなり目立つ鼻周辺のほくろ。うっすらと色がついている程度のほくろならまだしも皮膚が盛り上がった大きなほくろが鼻の下にあると、女性としてはかなり気になるものですよね。

■メイクも映えない「顔面」

・「眉間のところ。かわいくないから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「顔。たくさんあるからレーザーで取りたい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「唇のほくろはちょっと恥ずかしいです。ゴマがついていると思われるからね」(32歳/その他/その他)

シミやそばかす同様、メイクをしても目立ってしまう顔のほくろ。ごまかすためにファンデーションやコンシーラーを厚塗りしているという人も多そう。ただ、ほくろを隠すためとはいえ肌の質感がなくなるほどの厚化粧は、全体の印象が老けて見えることもありそうなので注意が必要ですね。

■お風呂上りにガッカリしてしまう「乳首のまわり」

・「乳首まわり。一瞬、乳首が大きいのかなと思ってしまうから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

胸にまわりに、乳首と紛らわしいほくろがあるのも、ちょっぴり恥ずかしいのだそう。鏡で自分の体を見るたびにガッカリという人もいそうですね。

■脱毛しているからこそ目立つ「ワキ」

・「ワキの下にあるほくろが汚く見えて嫌だ」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「ワキ。きれいなワキに憧れるから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

最近では脱毛をする女性も多いからこそ、何かと目立つワキのほくろ。オシャレをしようと思ってもほくろが気になって着たい洋服が着られないということもありそうです。

■意外に気になる「脚」

・「ふくらはぎの裏。ゴミがついているように見えるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「太ももの内側。短い服などだと目立つから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

スカートをはいたときなど、意外と気になるのが脚のほくろなのだとか。遠くから見ると、ゴミがついているように見えてしまい、恥ずかしい思いをすることも……。

■ビキニのときに恥ずかしい「おへそまわり」

・「自分にあるのだが、おへその近くにある。結構大きくてイボっぽい。かなり恥ずかしい。ビキニが着られない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

おへそまわりのほくろをコンプレックスに思う女性も! たしかにビキニを着たときに目立つ部分ではありそうです。

<まとめ>

数が多かったり、目立つ場所にあったりするとコンプレックスにもなりやすいほくろ。自分が思っているほど周囲の人は気にしていないこともあるし、逆にチャームポイントになることもあるので、悩ましいところですね。ただ、ほくろが急に増えたり、大きくなったりしたというときには健康面の異常が隠れている場合もあるので、専門医の受診を検討したほういいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月18日~2016年8月23日
調査人数:103人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]