お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
妊娠・出産はもちろんのこと、爪・髪・肌・メンタルなどを正常に保つ働きをしてくれる「女性ホルモン」。このページでは、女性のカラダになくてはならない「女性ホルモン」に関する専門家からのアドバイスや女性の本音など、「女性ホルモン」にまつわる記事を集めました。
男女の本音 女性の身体

女性ホルモンをキープするために心がけていること4つ

ファナティック

毎月訪れる生理や排卵など、女性の体にとって大事な働きをするのが女性ホルモンです。女性ホルモンが多い女性は、肌がツヤツヤで健康的なイメージがありますよね。では社会人女性のみなさんが「女性ホルモンをキープするために心がけていること」には、どんなものがあるのでしょうか? さっそく聞いてみましょう。

<女性ホルモンをキープするために心がけていること>

■大豆イソフラボン

・「豆乳を飲む。イソフラボンを摂りたいから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「大豆製品を食べること。好きな豆腐や納豆を食べる」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「乳製品や大豆製品をたくさん摂ること。イソフラボンとかいいのかな、と思うから」(33歳/不動産/専門職)

とても多かったのが「大豆製品を摂る」という意見でした。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、美や健康を保つためにも積極的に取り入れたいですね。

■早めに寝る

・「夜は早めに寝る」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「早めの就寝。バランスの取れた食事」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「夜は23時までに寝る。ホルモンの分泌がよくなると思うから」(33歳/医療・福祉/専門職)

「夜は早めに寝る」という意見もありました。早寝早起きで生活リズムをととのえることで、女性ホルモンの分泌も活発になります。夜更かしは肌にも悪いので、できれば避けたいですね。

■ときめきを忘れない

・「結婚してもときめきを忘れない」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「今はまったくやっていないけど、ときめくことだと思う」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「好きなアーティストのライブに欠かさず行く。そのために生きているようなものだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

恋をしているときは肌や体の調子がいいように、女性ホルモンと「ときめき」には密接な関係がありそうですよね。好きなアーティストのライブなど、恋をしていなくてもときめきは忘れたくないようにしましょう。

■女を捨てない

・「女性らしい外見を保ち続けること」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「女を捨てないこと。女を捨てたらホルモンも出ないと思うから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「肌の手入れに気を抜かないこと。キレイにしてると女性ホルモンもたくさん出る」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

女を捨てないことも大事だという声がありました。彼氏がいないからといってお手入れをサボっていると、女性ホルモンも低下しそう。気をつけたいですね。

<まとめ>

社会人女性のみなさんが「女性ホルモンをキープするために心がけていること」として、大豆製品を食べたり早めに寝たりなど、いろいろな方法が寄せられました。これらの方法を取り入れてみると、いつまでもキレイをキープできるかも!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月16日~2016年8月22日
調査人数:112人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]