お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

目の前でワキ毛をジョリジョリ……同棲している彼女に幻滅する瞬間ベスト3

ファナティック

同棲して初めて知る、「彼女のいいところ」と「悪いことろ」。彼女の本性を知って、さらに好きになる人もいれば、幻滅してしまう男性もいるようです。今回は、男性たちに「彼女のどんな姿」に幻滅したのかを聞いてみました。

■だらしなさが見えた

・「テーブルにご飯がこぼれていても平気だったりコンロの使い方が汚い」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「食べた後とか絶対に後片付けをしなかった」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「帰ってきて洗い物が残っているのを見たとき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「片づけができなくて、家の中が汚くなった」(38歳/情報・IT/技術職)

家事が得意ではない彼女だった場合。部屋を散らかしたままで後片付けをしない、こうした姿に幻滅するようです。女性ならみんな家事ができると思い込んでいる男性にとっては、家事ができない、だらしない彼女の姿が信じられないのかもしれませんね。

■恥じらいがなくなった

・「わき毛の処理をしているところを見たときは、現実を見せつけられた気がした」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「風呂上がりにだらしない格好でウロウロされたとき」(28歳/その他/その他)

・「あまり恥じらいがなくなってしまったのは、どうかと思った」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ずっと一緒にいる彼に気を使いすぎると疲れてしまいますが、だからといって恥じらいまで失くしてしまうと幻滅されることに。ムダ毛の処理などは身だしなみの一つとはいえ、「女性のそんな姿は見たくない」と思う男性もいるということは覚えておいた方が良さそうですね。

■金銭感覚や価値観の相違

・「意外とお金にだらしないことに気づいたこと。その日の収支合わせをしていなかったり、家計簿をつけていなかったり、そのへんにお金が落ちていたりというのを見るとガッカリします」(39歳/金融・証券/営業職)

・「小さな約束を守らない。この時間に出ようと言ったが寝ているなど」(26歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「うそにうそを重ねて不信感を抱いたとき」(40歳以上/情報・IT/技術職)

付き合う前にある程度は確認したつもりでいた価値観の違い。でも、同棲してより深く付き合うようになると細かな違いが気になり始める男性もいるようです。結婚まで考えて同棲していたとしたら、価値観や金銭感覚の違いは結婚に踏み切る大きな障害にもなるかもしれませんね。

■まとめ

彼女にこんな一面があったのかとうれしい発見ができる反面、見たくない姿も見てしまうのが同棲生活。ありのままの姿を見せてくれているということは気を許してくれているのだからと喜ぶ男性もいるかもしれませんが、嫌な一面を見ることでガッカリする男性も少なくなさそう。いくら親しくなっても女性としての恥じらいや人への気遣いといった部分は、失くさないようにしたいものですね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月12日〜8月18日
調査人数:100人(22歳〜49歳の男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]