お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

だって給料が低いんだもん! 残業代をもらうためにわざと残っている女性⇒●●%

ファナティック

サービス残業はイヤだと思う人が多そうですね。ですが、働いた分だけ残業代が出るとしたらいかがですか? お金ほしさに、時間があるときは少し残りたくなることもあるのではないでしょうか。そこで、女性に次の質問をしてみました

Q.残業代を稼ぐため、やることがないのに残業していることってありますか?

Yes……13.1%

No……86.85%

約9割の女性が、「残業代を稼ぐため、やることがないのに残業していることはない」と回答。続いて、それぞれの回答の理由を聞きました。

<やることがないのに残業していることはある!>

■給与の補てん

・「生活のため。安い賃金だからしょうがないと思う」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「給与が少ないから、残業代で加算するしかない」(39歳/金融・証券/事務系専門職)

基本給が少ないと、空き時間を賃金に変えたいと思うこともあるでしょう。すると、急な仕事でなくても居残ってしまいます。

■時間調整のため

・「残業というより、勤務時間が規定以内だと給与が減るので、定額はもらえるように働く」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「基本30分単位で、15分とかで終わると残業代が出ないので時間調整したりはする」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

もらえるお金が時給制であれば、1分おきにカウントされる職場や30分ごとにカウントされる職場が存在するようです。時間調整をしなければ正当な報酬がもらえないのですね。

<やることがないのに残ることはない!>

■残業代が出ない

・「そもそも残業がない。残業代が出るなら多分残業すると思う」(22歳/運輸・倉庫/その他)

・「基本的に残業代が出ないから。残業代という概念がない」(36歳/医療・福祉/事務系専門職)

その日のうちに片づけなければならない仕事も、残業代もないのであれば、会社を出て早く家に帰りたいと思うのは当たり前の気持ちですよね。

■早く帰りたい

・「正直、さっさと帰りたい。残業代よりも帰るほうが大事」(27歳/その他/営業職)

・「残業するくらいならさっさと帰りたいので」(36歳/その他/その他)

もし残業代が出るとしても、残業するための時間を睡眠時間や自由時間にあてたいと思う人は多そうですね。また、夜遅く帰るのも危険な気がします。

■まとめ

アンケート結果によると、お金が出れば残業してもいいという女性が少数いる一方で、そもそも残業代に期待していない女性が多数派でしたね。残業が禁止の職場も多いのかもしれません。みなさんはいかがですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数205件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]