お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

なぜ流さないっ! 彼女のトイレの習慣で信じられなかったこと7つ

トイレは誰にも邪魔されないひとりだけの空間。つい自由気ままにトイレの時間を過ごしたくなりますが、他人が見ればそれは本来のトイレの使い方ではないと思われてしまうこともあります。働く男性が思わず引いてしまった彼女のトイレの使い方とは……? アンケートの結果を見てみましょう。

■トイレットペーパーの使い方が特殊

・「トイレットペーパーを交換したあと、芯を必ず床に置いて出てくること。整理整頓できない人なんだなと」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「トイレットペーパーを大量に使うこと。使い過ぎでもったいないから」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

つい癖でトイレットペーパーをたくさん巻いて、切れたらそのまま芯をためていませんか? 使い終わった芯はすぐに処分し、大切な資源、無駄遣いは控えるようにしたいですね。

■トイレは清潔第一

・「トイレのあとで手を洗わないこと。本人は汚れていないからと言い張っている」(30歳/通信/販売職・サービス系)

・「節約のために水を流さない。セコイ」(38歳/その他/専門職)

見た目は何も変わらなくても、トイレ後の手にはさまざまな雑菌がついています。また、用を足したあと、水を流さずに放置しておくのも不衛生。節水も大切ですが、トイレは清潔に保つことが第一ですね。

■大胆すぎる用の足し方

・「トイレのドアを開けてする。恥ずかしさがないのかとびっくりした」(38歳/機械・精密機器/技術職)

もしかしたら彼女はひとり暮らしで、トイレのドアを閉める必要性を感じていないのかもしれませんが、日常の癖はどこに行っても出てしまうもの。公衆のトイレでその癖が出ないよう、普段からドアは閉めて用を足したほうがいいかもしれませんね。周囲の人にびっくりされてしまいますよ!

■まさかの「●●しながらトイレ」

・「出てこないと思ったら、漫画を長時間呼んでいた」(35歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「タバコを吸いながら」(39歳/建設・土木/その他)

たしかにトイレはひとりきりの空間で落ち着ける場所ですが、居住スペースではありませんよね。本来用を足すべきところで、日常生活の何かを行っていることに違和感を覚える男性も多いようです。これも考えただけで不潔な行為ですよね。

<まとめ>

自分の育った環境では当たり前のことが、他人にとっては当たり前ではないということは多々あります。これらの行動はたしかにびっくりしてしまうかもしれませんが、本人は何にびっくりされているかさえわかっていないのかも……。多くの男性にとっては当たり前ではないトイレの習慣、あなたにも思い当たることはありませんか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月18日~2016年8月21日
調査人数:387人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]