お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

有給あっても使えねぇんだよ! 男性が職場に求める制度6つ

最近は雇用形態もさまざまあるように、働き方も変化しているようです。主に女性の雇用促進のための制度にはスポットがあたっているようですが、働く男性たちはどう思っているんでしょうか? 効率よく働くために、職場に取り入れてほしい制度は何かを男性に聞いてみました。

■仕事内容・職場環境

・「年功序列制度の廃止。中身をみてほしい」(36歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「上司、同僚などからの、パワハラ/セクハラの監視制度」(27歳/その他/その他)

・「人事考課制度で平等な評価をして欲しい」(34歳/医療・福祉/専門職)

日本の昔からの制度「終身雇用・年功序列」は、会社によってバラつきがあるようでまったく反対の「年功序列制度がすこしでもほしい」という意見もありました。仕事量の偏りについても、個人のの能力差があるので難しいと思いますが、第三者の公平な目でみてほしいという希望があるようです。

■勤務時間に関する制度

・「フレックス制度や有休取得のできる環境」(23歳/情報・IT/技術職)

・「フレックスタイム制度。コアタイムを決めておけば、自由だから」(39歳/マスコミ・広告 事務系専門職)

・「在宅ワーク、ノー残業デー。残業時間を休日に変更できる制度など」(25歳/警備・メンテナンス/その他)

勤務時間ではフレックスタイム制度に人気があるようですが、実際に取り入れている会社も多いのではないでしょうか。次に目についたのは残業時間についてです。ワークバランスや経費節減からノー残業デーがある会社も増えてきましたが、上手くいっていない職場もあるようで「残業させてほしい。仕事が溜まってどうしようもない」という声もありました。

■勤務場所

・「希望の部署、部門などに移動させてもらえる、希望が通る」(38歳/その他/その他)

・「自由に勤務地を選択できる制度」(33歳/通信/技術職)

・「通勤しなくてもよくストレスもたまらなくなるので、在宅勤務を認めてほしいと思っています」(37歳/情報・IT/技術職)

公務員や全国に支社がある会社では、転勤がつきものです。できれば希望する勤務地で働きたいところでしょうが、人気が集中してしまうので実際は難しいのかもしれません。在宅勤務ができれば通勤を気しなくてすむので、家賃の高い都市部ではなく地方の一戸建てに住めそうです。通信環境が整っていれば可能ですが、職種を選びそうですね。

■休暇について

・「有給休暇をきちんと消化するよう推進する制度。ほとんど機能していないから」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「有給の買い取り。これだけあれば…」(36歳/小売店/営業職)

・「長期休暇制度。2週間とか、1ヶ月くらいの長期休暇の制度がほしい。もちろん、何らかの成果か功績に対しての長期休暇制度」(31歳/情報・IT/技術職)

有給休暇はどこの会社にもある制度ですが、実際に使えないという現実があるようです。「何も聞かれず、また人事的なペナルティーがまったくないまっとうな有給」という声もありました。そのほかには、絶対週休2日、リフレッシュ休暇、男性の育児休暇の強制的な取得制度という意見もありました。

■福利厚生

・「資格取得の補助やこころと体の健康面メンテをしてくれる制度」(37歳/団体・公益法人・官公庁/ 事務系専門職)

・「昼寝ができる個室。ベットやゆっくりできる設備のある個室があるといい」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「キャリアアップをフォローしてくれるような制度」(39歳/機械・精密機器/技術職)

福利厚生については、会社の規模によって優遇の度合いに差があるようです。家賃補助、社食補助、病気やけがをした時の給与の保証という声も聞かれました。

■こんな声も!?

・「上司と飲みに行かなくても良い制度」(38歳/機械・精密機器/技術職)

・「一人で出来る仕事は深夜会社にきてやってもいい制度。上司に合わずに済むから」(35歳/生保・損保/技術職)

・「言いたくてもなかなか言えないことを主張できる目安箱」(30歳/学校・教育関連/その他)

こんな面白い意見もありました。気持ちは理解できますが、ちょっと会社の制度としては難しいですよね。

■まとめ

現状の職場の問題点が浮き彫りになる結果になりました。「仕事配分、人事評価が公正に行われていない」「フレックスタイム、ノー残業デーが形骸化している」「有給休暇はあるが、現実的には取れない」この3つを改善できれば、働く環境のいい職場といえるのではないでしょうか。会社によっては労働組合もありますが、実際に機能しているところはまだまだ少ないようです。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数198件(22歳~39歳の働く女性)

(フォルサ/岩崎弘美)

お役立ち情報[PR]