お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

必死すぎ……。男ウケ最悪な「残念」メイク4選

合コンや飲み会に出かけるときは、新しい出会いを期待して、ついメイクもいつもより気合いが入るもの。でもあまりにがんばりすぎると、逆効果になってしまうこともあるようです。そこで今回は、社会人男性のみなさんに「男ウケ最悪な残念メイク」について聞いてみました。

【顔はいいのに……。“惜しい”女性のヘアメイク4選】

■全体的に厚化粧

・「厚化粧。しわやシミ、そばかすを消そうと必死さを感じる」(36歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「化粧を塗りたくって清潔感のない感じなのは逆効果だと思います」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「厚化粧。肌の感じがわからないほどの化粧で、ニオイもキツい」(37歳/情報・IT/技術職)

キレイに見せたいと思うと、ついメイクが濃くなってしまうこともあるもの。首と顔の色がちがいすぎていないかなど、出かける前にチェックしたいですね。

■チークが濃い

・「チークを盛りすぎ」(39歳/小売店/営業職)

・「おてもやんみたいなチーク」(33歳/電機/技術職)

・「濃い目のチーク。『熱あるの?』って思う」(31歳/その他/事務系専門職)

血色感のある頬は、かわいらしさを演出できるため、チークは欠かせないですよね。でもあまり塗りすぎてしまうと、男性から不評なこともあるようです。塗りすぎには注意ですね。

■アイメイクが濃い

・「目を大きく見せようとするメイク。不自然に感じられるので」(35歳/不動産/その他)

・「アイラインが強すぎるとケバく見える」(27歳/その他/その他)

・「目の周りが真っ黒になるほどのアイメイク」(34歳/その他/経営・コンサルタント系)

目を少しでも大きく見せるために、アイラインやアイシャドウをバッチリ入れすぎると、パンダメイクのようになってしまいそうですよね。なるべくナチュラルを心がけたほうがいいかもしれません。

■リップが……

・「赤い口紅。怖いので」(38歳/情報・IT/技術職)

・「派手な口紅」(35歳/その他/その他)

・「グロスの塗りすぎ。あれは喜ぶ人はいるのだろうか」(35歳/その他/クリエイティブ職)

口紅やグロスなどを塗りすぎていると、男性から引かれてしまうこともあるみたいです。男性ウケを狙うなら、濃いめのリップやグロスのつけすぎには気をつけたほうがいいかもしれません。

■まとめ

自分では完璧と思っていても、周りから見ると、残念なメイクに仕上がっていることもあるのでは。全体的に、濃すぎるメイクは男性から不評なので、自分で「ちょっと薄いかな?」と思うくらいにしておいたほうが、男性ウケはいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月23日〜30日
調査人数:409人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]