お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

これはヤバイぞっ! 女子に聞いた「生理痛の予感」6パターン

まったく感じない人もいれば、寝込んでしまうほどの症状が出る人もいる生理痛。痛みや不快感は、毎月のことだからと諦めている人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなつらい生理痛がくる予感がする瞬間について、働く女性たちに意見を聞いてみました。

■下腹部や頭に違和感

・「急激に猛烈な頭痛がくると生理痛だなってわかります」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「下腹部に重圧を感じる。キリキリ痛み出したときにはじまるなと思います」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

生理痛がやってくる瞬間、さまざまな部位に違和感が現れるという女性たちが。この生理痛の兆しを予期したタイミングで適度に鎮痛剤を服用するというのもひとつの手かもしれませんね。

■胸が張る

・「胸が張ってくる。いつもそうだから」(33歳/その他/事務系専門職)

生理前は普段の下着がきつく感じる、という人も多いのではないでしょうか? それは、おそらく胸が張っているせい。そんな胸を見て、「そろそろ痛くなるかも……」と予感する女性もいるようです。

■下痢や便秘になる

・「腰が痛くて便秘になりお腹が張る」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「ご飯を食べていて、すぐにトイレに行ってしまうとくるのではないかなと思います。お腹を下すことが多いので」(24歳/金融・証券/営業職)

・「お腹がゴロゴロするとき。必ず痛くなるから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

便秘や下痢も生理痛の前兆として出てくることが多いですよね。食事や生活のリズムは変わっていないのに、お腹の調子がよくないと感じたら「そろそろ生理痛が来るかも」と思う人も。体を冷やさない、ぬるま湯などで水分補給をするなどいつも以上にお腹にやさしくしてあげると少しはマシになるかもしれませんね。

■肌荒れやニキビが出現!

・「肌荒れしたら、大体生理になり生理痛も発生する」(32歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「肌荒れがひどくなる。普段そこまでニキビができないから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

いつもは、肌が丈夫で肌荒れもニキビも縁がないのに生理が近づいてくると吹き出物ができるという人も。どうも肌の調子がよくないと思いはじめたら、肌に刺激の少ないケアに変えてみるとよいかもしれません。生理痛の上に肌の調子も悪いとなると、気分も落ち込んでしまいますよね。

■気分の波がある

・「メンタルが弱くなる。いつもそうだから」(31歳/その他/事務系専門職)

・「イライラして落ち込みやすくなると、もうすぐ生理だなと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「イライラして落ち込み、何をしても楽しいと感じなくなる」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

些細なことにイライラしたり、つまらないことで落ち込んだり。生理の前に気分の波を感じるという女性もいました。生理になると痛みのせいでさらに憂うつな気分になるもの。あまり予定を詰め込み過ぎず、ゆったりとした気分で過ごせるようにしておくとイライラも少しはマシになるかもしれません。

■食欲が止まらなくなる

・「食欲が止まらなくなると、だいたい1週間以内に生理がくる」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

生理前、お腹が空いて仕方ないという人も多いのでは? これは、体が生理を迎えるにあたって動きはじめた証。このタイミングに合わせて、生理痛に対する心構えができるといいですね。

<まとめ>

生理の前にはホルモンバランスの影響でさまざまな変化が出るようですね。毎月のことだけに、自分の体が普段とはちがうな、と感じると生理痛に関しても予想はできるようです。生理が来るのは仕方ないにしても、できれば痛みをうまく抑えたいところ。上手に鎮痛剤を使うことや、いつもよりものんびりとしたスケジュールで過ごせるようにすることも大事ですよね。生理痛の兆しを感じたら、万全の準備を心がけてみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月20日~2016年6月23日
調査人数:130人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]