お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ダイエット

「ポケモンGO」を使って痩せる4つの方法

今、世間を何かと騒がせている「ポケモンGO」。世界的にも大ブレイクし、社会現象にもなっていますよね。被災地では、復興の一環で「ポケモンGO」を活用した観光誘致などを行うなど、まだまだ人気は衰えなさそうな予感。そんなポケモンGOの特徴は、プレーヤーが実際に「歩く」こと。そこで今回は、この特徴を使ってダイエットをすることは可能なのか、世の女性たちの意見を聞いてみました。

■遊びながらウォーキング

・「ポケモンを探しながらウォーキングをする」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「できるだけ歩いて、カロリー消費」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ジョギングしながらゲームをするといいと思います」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

何もしないで歩いていると、飽きてしまいがちなウォーキングも、ポケモンGO片手なら、続けられそうですね。でも、歩きスマホは危険な行為。車や人などにぶつからないよう、画面ばかりを見ながら歩かないように気をつけたいですね。

■通勤時も

・「家から駅までバスを使わず歩く」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ひと駅分ポケモンGOのために歩く」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ひと駅前に降りてひたすらポケモンを探すことです」(32歳/その他/その他)

いつもだったら電車に乗ってしまうところを、ちょっと朝早めに起きてひと駅分歩く、というのもいいダイエットですね。楽しみがあれば、歩くことも苦にはならなそうです。

■帰りにも!

・「電池の減りを気にせず歩く。朝はつらくても帰りならひと駅歩く」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「帰り道にポケモンを探す。休みの日に公園で散歩しながらポケモンを探す」(27歳/医療・福祉/専門職)

仕事で疲れた体にむち打つようではありますが、朝よりは帰りのほうが時間に余裕がありそう。ひと駅分の距離をポケモンGOで楽しく歩いて帰るというのも、なかなかいい運動になりそうです。

■休日の過ごし方を変える

・「休みの日に家でゴロゴロせずに、公園でポケモンGOをする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「休日を利用して、珍しいポケモンが出るとウワサの場所までサイクリングする。ポケモンのタマゴを孵化させることもできるので一石二鳥」(31歳/その他/その他)

・「家でスマホをいじる時間を散歩にあてる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「休みの日など、ポケモンGOをするのを目的に、街中を歩きまわる。目的があるので、たくさん歩けそう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

多くのゲームは、移動をする必要はありませんが、ポケモンGOにハマッたら外に出るしかありません。休日、家にこもることがなくなり、どんどんカロリーを消費できますね。

<まとめ>

アメリカでは実際に「ポケモンGOがこの国の肥満問題を解決する!?」などと話題になったそうです。楽しく遊びながら、ダイエットができる「ポケモンGO」。正しい遊び方、周囲のことを考えた楽しみ方をしながら、自分も美しく成長していきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月10日~8月16日
調査人数:131人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]