お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

恥ずかしくて言えないっ……! 「膣カンジタ症」になったことがある?

ファナティック

デリケートゾーンがむずむずかゆくなっていても、なかなか人には相談しづらいものですよね。「もしかして性病!?」なんて悩む前に、早めに病院に行ってみるのがよさそうです。今回は社会人女性のみなさんに、膣カンジタ症になったことがあるか、カミングアウトしてもらいました。

Q.膣カンジタ症になったことがありますか?

・ある……10.9%

・ない……89.1%

なんと10人にひとりが膣カンジタ症になった経験があるようです。みなさんは、膣カンジタ症というと、どんなイメージを持たれているのでしょうか。

■かゆそう

・「かゆくなりそうで夏場は特につらそう」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「とてつもないかゆみに襲われる。実際今なっている。我慢できなくてすぐにクリニックに行った」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「かゆみが大変そう」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

膣カンジタ症と聞くと、とにかくかゆみをともなうと考えている人も多いようですね。実際に膣カンジタ症になると、膣や、その周辺がかゆくなることがあります。

■病院に行きにくい

・「病院に行きたくない病気。検診も受けたくないけど、治したいけど、病院に行きたくない気持ちになりそう」(24歳/農林・水産/事務系専門職)

・「恥ずかしいので病院に行きにくい」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「病院に行きにくそう」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

下半身の病気となると、なかなか病院に行くのは勇気がいるもの。病院の人にどんなふうに思われるのかと思うと、恥ずかしくて行きたくなくなりますよね。

■性感染症と思う

・「セックスしたからなるんだろうな~」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

・「性感染症だけどどんな症状かわからない」(26歳/医療・福祉/専門職)

性感染症と思っている女性も多いようですが、実は誰でも持っている常在菌です。疲れがたまったり、ストレスなどで発症することもあるので、気をつけたいですね。

■清潔にするのが大事

・「いつも清潔にしておくことが大事なんじゃないかと思う」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

・「清潔にしないことで感染するもの」(27歳/金融・証券/営業職)

・「不潔にしてるのが原因と聞いたことがある」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

膣カンジタ症を防ぐためには、日ごろからデリケートゾーンを清潔にしておくことも大切です。また、濡れたままの状態にすると、膣カンジタ菌が発生しやすくなるので、乾燥させることも大切ですね。

<まとめ>

膣カンジタ症というと、性感染症と思う人も多いかもしれませんが、自分のもともと持っているカンジタ菌により、症状があらわれることもあります。再発を繰り返しやすい病気なので、普段からデリケートゾーンをキレイに心がけておくことが必要ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月1日~2016年8月8日
調査人数:129人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]