お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

胸がつぶされる!? 乳がん検診に行きたくない理由4つ

ファナティック

女性芸能人が立て続けに乳がんになったことで、世間がざわついたのは最近のこと。同じ女性である限り、無視できない話題のひとつでもありますよね。なるべく早めに乳がん検診に行くように心がけたいものですが、デリケートな部分なので、どうしても行くのに躊躇してしまうことも。女性が乳がん検診に行きたくないと思ってしまう理由について、理由をくわしく聞いてみました。

<乳がん検診に行きたくない理由>

■マンモグラフィが痛そう

・「マンモグラフィが痛そうだし、まだ若いから必要ないと思う」(34歳/金融・証券/専門職)

・「マンモグラフィが痛そうなので、ちょっと行きたくないと思ってしまう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「マンモグラフィがけっこう痛かった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

検査の内容が、どうしても気になって受診できないという女性も多いのではないでしょうか。マンモグラフィが痛そうと考えているため、検査が億劫になってしまっているのかもしれませんね。

■胸を押しつぶされるから

・「胸を押しつぶされたら垂れそうだから嫌だ」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「胸を押しつぶされるので、せっかくのキレイな形の胸が崩れてしまう。その拍子にクーパー靱帯を切られそうで嫌」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「胸を思い切り板に挟まれるのが激痛だと聞いたので」(24歳/金融・証券/営業職)

マンモグラフィは胸を押しつぶすような検査で、乳がんの診断は行われますよね。それで胸の形が崩れてしまいそうと考えている女性は多いのかもしれません。

■病気が見つかるのが嫌

・「何かが発見されたらどうしようという気持ちがあるから」(28歳/建設・土木/技術職)

・「何か病気が見つかると怖いから」(32歳/生保・損保/営業職)

・「がんが見つかったら嫌だから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

本来は乳がんを早期発見するための検査なのですが、検査で病気が見つかるのが怖いというのもあるようです。怖いですが、こういった検査で発見されるほうが治る確率が高くなるので勇気を出して検査したいですね。

■胸を見られるから

・「胸を出すこと。恥ずかしいから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「胸を見られるのも触られるのも嫌だから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「裸を見られるのが恥ずかしいから」(26歳/その他/その他)

女性の場合、どうしても裸を見られるのは嫌ということもありますよね。スタッフが女性であっても恥ずかしいという女性は少なくないのかもしれません。

<まとめ>

乳がん検診の場合、上半身は裸ですから恥ずかしいというのもあるでしょう。また、検査自体が痛みをともなうこともありますよね。ですが、早期発見で治す確率を高めることを考えると、やはり検査には行ったほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月1日~2016年8月8日
調査人数:129人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]