お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

やべ、流し忘れたっ! 生理中、会社でやってしまった失敗4パターン

ファナティック

生理は女性特有のものです。とはいえ、社会に出れば男女の区別なく働きますよね。そんな中、生理中に仕事をがんばりすぎてトラブルや失敗に見舞われてしまう女性も……。そこで今回は、女性のみなさんに「生理中に会社でやってしまった失敗」を教えてもらいました。

■トイレに血が……

・「トイレに血をつけてしまって恥ずかしかった」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「便座に少し血をつけてしまいました」(24歳/金融・証券/営業職)

・「トイレの水を流すのを忘れた。あとに入った女性の先輩からは『真っ赤だった』とひと言」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

女性専用であれば察しがつくとはいえ、血のついた便座は軽くホラー。また、不衛生でもあります。できればティッシュやクリーナーでぬぐって出たほうがいいですね。また、トイレを流し忘れたというショッキングなできごとも!

■白いパンツが真っ赤に!

・「白いズボンを汚してしまった」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「白いパンツをはいていたときに、予定より早く生理がはじまり汚してしまい、急きょ近くのユニクロまで買いに行った」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

白は汚れやすい色ですが、白に赤は特に目立ちますよね。暗い色ならごまかしが利きますが、予期せぬ時期に生理が来たら慌ててしまいます。生理中はファッションにまで入念に気を遣う必要がありそうです。

■ナプキンを替えられず……

・「長時間ナプキンを替えられず、下着に漏れた」(27歳/金融・証券/営業職)

・「長時間ナプキンを交換できなくて、気がついたら制服のスカートに血のシミができていました」(27歳/建設・土木/技術職)

・「長時間の会議でお手洗いに行けず、漏れたこと」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

長時間トイレに行く間もなく働いた結果、経血が漏れてしまい……。がんばったご褒美が血のシミではいたたまれませんよね。トイレに行く時間くらい与えてほしいものです。

■サボりと誤解されそうに!?

・「生理痛で、トイレに一時間閉じこもってしまった」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「あまりにひどい腹痛で動けず机でもがいていたら、寝ていると思われ上司から注意された」(28歳/医薬品・化粧品/その他)

・「あまりに腹痛が苦しくて仕事を抜け出し、更衣室で横になっていました」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

人によっては激痛となる生理痛。生理中の女性がみんな同じくらいの痛みに襲われるならまだしも、個人差があるのが苦しいところ。体がつらいところに、ただのサボりと思われ、上司からお叱りを受けてしまうのは精神的にもつらいですね。

<まとめ>

生理は女性の体に必要なこととはいえ、難儀な仕組みですよね。自分でうっかりしてしまった生理の失敗は気をつければ済むことですが、長い労働時間など、社内環境のせいで女性が嫌な思いをするのは問題です。できるところから改善を目指していきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~2016年6月21日
調査人数:140人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]