お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

コレが女の本音!「残業なし安月給」VS「終電帰りの高給取り」付き合うなら、どちらの男性?

そこまで忙しくなくて高給取りの彼氏が一番いいけれど、そううまくはいかないのが昨今の経済事情。そこで究極の選択! 残業なしで平日も仕事終わりにデートできるけど、お給料が安い彼氏。めちゃくちゃ仕事が忙しくて平日はほぼ残業で会えないけど、高給取りな彼氏。もし付き合うならどちらの男性がいいですか? 働く女性に緊急調査しました。

Q.もし付き合うなら、どちらの男性がいいですか?

「基本的に残業なしの安月給」……60.4%
「終電帰りが当たり前の高給取り」……39.6%

付き合うなら「残業なし安月給」or「終電帰りの高給取り」という質問に対し、60.4%の女性が「基本的に残業なしの安月給」の男性がいいという結果になりました。働く女性たちの多くは、給料は安くても残業なしの男性のほうがいいようです。対して、「終電帰りが当たり前の高給取り」の男性がいいと回答した女性は39.6%という結果でした。では、それぞれの回答を選んだ理由を具体的に見ていきましょう。

<「基本的に残業なしの安月給」派の意見>

■彼と一緒にいられる時間が多いほうがいい

・「安すぎるのも嫌だけど一緒にいられる時間が多いから」(23歳/その他)
・「できるだけ一緒にいる時間が欲しいから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「2人で過ごす時間が長いほうが、ギスギスせず仲良く過ごせそう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「彼といる時間が長いほうがいいから。その分私も働く」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

もしも付き合うなら、「基本的に残業なしの安月給」の男性のほうがいいと回答した人たちで多かったのは、一緒にいられる時間が長いほうがいいという意見。残業ばかりの_彼だと、仕事のある日はほとんど一緒に過ごせないし、生活のリズムも合わなそうですよね。だったら、稼ぎが少なくても一緒にいる時間が長い彼のほうがいいと思っているようです。

■残業続きだと体調が心配

・「残業ばかりしていたら、一緒に過ごす時間もないし、相手もストレスがたまったり、体調を崩しそうだから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「残業ばかりだとストレスがたまって体が心配」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「安月給でも、体調無理せず過ごせるのがいいから」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「仕事で疲れていると休日は寝てばかりだと思います」(34歳/医療・福祉/専門職)

「基本的に残業なしの安月給」の男性のほうがいいという人たちの中には、残業続きの相手だと体が心配という意見も多く見られました。仕事ばかりをしている相手だと、ストレスもたまるし、休みの日も疲れて遊ぶ余裕すらなさそうという思いがあるようですね。体調を崩してまで、無理に仕事をしてほしくないと考えているようです。

<「終電帰りが当たり前の高給取り」派の意見>

■しっかり稼げる人がいい

・「稼げるときに稼いでほしいから終電は我慢する」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「相手が残業に対してそれほど抵抗がないなら、たっぷり働いて稼いでくればいいと思う」(33歳/医薬品・化粧品/その他)
・「悩むけど男性にはバリバリ働いてほしい! 土日しっかり休みならOK」(31歳/不動産/秘書・アシスタント職)
・「バリバリ仕事をして見合う報酬をもらってる人がいい」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

もしも付き合うなら、「終電帰りが当たり前の高給取り」の男性のほうがいいと回答した人たちは、やっぱりしっかり稼げたほうがいいと考える人が多いようです。バリバリ仕事して、休みにはしっかり休んで、稼げるときに稼いでほしいと思っているようです。

■お金がないとつらい

・「お金がないと楽しい付き合いができないと思います」(32歳/その他)
・「お金がないのはもめるしひもじいしつらい」(33歳/不動産/事務系専門職)
・「どちらとも言えないが、安すぎると生活できない」(30歳/学校・教育関連/専門職)
・「生活するには経済的に余裕があったほうが安心だから」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

「終電帰りが当たり前の高給取り」の男性のほうがいいと回答した人たちは、お金がないと楽しい付き合いができないと考えている人も。やっぱり生活をしていく上でお金は大事だし、それなりに稼ぎがないとつらいと考えているようです。

■まとめ

安月給でも残業なしなら一緒にいられる時間が多いけど、やっぱりお金のことは不安になるし、残業続きで忙しいと全然会えないし寂しくなるけど、高給取りならお金の心配はない……どちらを選んでも悩みはつきものですね。適度に忙しくて適度にお給料がもらえる、そんな相手が一番むずかしいのかもしれません。

(エンドウリョウコ)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数134件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]