お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ママ

「公然授乳」はセクハラじゃない! 他人の前でも“授乳”できる女性の主張7

フォルサ

日本のみならず、海外でも問題提起されることの多い公共の場での授乳。おっぱいは赤ちゃんの食事として欠かせないものでありながら、性的な象徴でもあり、女性の中でも意見の分かれるところのよう。みなさんはどう思いますか?


Q. 他人の前でも授乳できますか?

・はい……24.5%
・いいえ……75.45%

他人の前でも「授乳できる」ママの割合は、上記のようになりました。それぞれ理由を聞いてみました。

■他人の前では授乳できない

・「周囲の目障りになると思うので。」(36歳/自動車関連/事務系専門職)

・「恥ずかしいのでできません。やはり自分の胸を出すのでできません」(24歳/金融・証券/営業職)

・「人目が気になるし、落ち着いて授乳できないかる」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「家族(夫や自分の両親・妹)は平気だがそれ以外の人はあくまで他人、お互いいい気持ちはしないから」(36歳/ソフトウェア/技術職)

・「性的な目で見られたくないので。」(29歳/機械・精密機器/技術職)

圧倒的に多かったのが「他人の前では授乳できない」という意見。授乳する側の恥ずかしさはもちろん、周囲も目のやり場に困るのではないかというコメントが多く見られました。授乳や赤ちゃんについての知識がほとんどない人からすれば「なぜここで!?」と驚くのは仕方のないことなのかもしれません。

■他人の前でも授乳できる

・「子どものためなので恥ずかしくはない」(29歳/生保・損保/営業職)

・「必要なら仕方ないと思うのですよ」(25歳/金融・証券/事務系専門職)

・「本当は嫌だが、必要にかられると子ども第一。」(37歳/医療・福祉/専門職)

子どものためと思えばどこだって授乳するという意見も。特に災害時などはプライベートな空間がとれず、ママたちは大変な苦労をされていると想像できます。そんなときは授乳場所なんて選びようもありません。周囲はあたたかく見守りつつ、行政は万一の際に赤ちゃんとママを守る仕組みも考えてほしいところです。

■授乳ケープを利用

・「授乳ケープをつけたうえで人気のないところで授乳します」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「授乳ケープをしてだと、他人の前でもできる。赤ちゃんのごはんと思えば仕方ないこと」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ケープで隠せば。逆に、未婚や子どものいない知人男性の前では気を使って、極力しません」(36歳/建設・土木/クリエイティブ職)

・「赤ちゃんにとってはご飯だし、ゆったりとした服を着て、服の中に赤ちゃんを入れて飲ませていたから、見られる心配もなかった。」(40歳以上/農林・水産/その他)

授乳ケープを利用するという人の中でも「全然問題無い」とするタイプと「ケープで隠してやむなく授乳するが、人前では抵抗感がある」というタイプに分かれるようでした。人前でもばれずにできる授乳服は確かに便利ですよね。ただ、なかなかプチプライスとはいかないところが難しいのかも。

■まとめ

昔、外出先でやむなくトイレで授乳をしたときには赤ちゃんにも申し訳なく、自分もとても惨めに思えたものです。授乳や赤ちゃんに関する知識が周知されていない今の日本で、堂々と授乳をするのはまだまだ違和感があるのが現実。でも授乳ケープなどを利用して周囲に配慮しながらであれば、「授乳してOK」の雰囲気がもう少し世の中に醸成されると子育てしやすい社会に近づくような気がします。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月22日~8月8日
調査人数:106人(22歳~49歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/錦織寿恵)

お役立ち情報[PR]