お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

か~! くっさ~!! 男性がドン引きした「彼女の体臭」3選

ファナティック

まだまだ暑いこの季節、自分の体臭が気になって仕方がないという人もいるのでは? どんなに自分で気をつかっているつもりでも、周囲から「くさい!」と思われてしまったらショックですよね。そこで今回は、社会人男性がドン引きした「彼女の体臭」エピソードを聞いてみました。

■オーラルケアは忘れずに

・「初めてキスをした彼女の口臭がひどかったこと。人生初めての恋人だったので、余計にトラウマになってしまい、自分の口臭に人一倍気をつけるようになった。そのことはある意味感謝したい」(31歳/情報・IT/技術職)

・「口臭がひどい女性はキツイです」(30歳/その他/営業職)

本来であれば楽しいはずの彼女とのおしゃべりも、言葉を発するたびに口臭が漂ってくるようでは会話を続ける気力さえなくしてしまうかも。毎日歯磨きをすることはもちろんですが、虫歯の治療や消化器系に問題がないか調べることも大切ですね。キスの前のオーラルケはお忘れなく!

■代謝がよすぎるゆえの悩み

・「汗っかきの彼女がちょっとくさかった」(31歳/電機/その他)

・「夏フェスの帰りにハグされたが、髪の毛よりも汗だくのシャツのニオイが想像以上にキツかった」(34歳/機械・精密機器/技術職)

一般的に汗をよくかく人は代謝がいいと言われています。それ自体はいいことなのですが、大量の汗がやっかいなのは皮膚に存在する菌や衣類に残っている雑菌と混じり合ってニオイを放つこと。しっかり体を洗い、こまめな洗濯を心がけたいですね。

■靴を脱いだ瞬間の異臭

・「パンプスを履く立ち仕事で、帰宅したときに素材によっては足のニオイがくさいときがある」(38歳/その他/営業職)

・「風呂に2日入っていないとき足のニオイにドン引きした」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

ストッキングにパンプスの組み合わせは、ニオイが発生しやすい最強のコンビ。がんばって働いている証拠でもありますが、靴を干したり専用の石鹸で足を洗うなど、周囲に不快感を与えないよう気をつけたいものです。もちろん、毎日お風呂に入って清潔にしておくのは絶対条件です! 2日入っていないのは、何か理由があればまだ許せるかもしれませんが、単なる面倒くさがりだとしたら……彼にガッカリされても仕方がないかも。

■まとめ

体臭が原因で2人の関係にヒビが入るのは避けたいですよね。体質的に体臭を防ぐことに限度がある場合もありますが、何の対策もせずに仕方がないで片づけるのはちょっと考えものかもしれません。常に清潔でいることを心がけて、「におわない」女性を目指したいものです!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月5日~10日
調査人数:392人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]