お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ママ

夫(妻)の親がウザイ! 既婚者が明かす「義両親への不満」ベスト5

フォルサ

姑が理由もなくいじめてくる! 夫が実母の味方ばかりで悲しいなど……。義両親との付き合いで苦労している女性は多いはず。できればシャットアウトしたいけど、夫の両親なのでそういうわけにもいきませんよね? そこで今回は、「義両親への不満」について、既婚男女のみなさんに聞いてみました。

■性格が好きなれない

・「義理母の性格が嫌い」(39歳男性/商社・卸/営業職)

・「義父が怒るのを見たことがない」(34歳男性/その他/販売職・サービス系)

・「義父が自分が一番偉いと思っていて、何でも自分の言う通りにさせようとする」(23歳女性/その他/その他)

夫のことは大好きなのに、義両親は好きになれない……。親子と言えど、違う人間なので性格がちがって当たり前ですよね。また、親戚だからといって、必要以上に夫婦のことに口出しをしてくるのも許せる限度があります。一定の距離を保ってお付き合いしたいですね。

■過干渉

・「なんでもかんでも干渉してくる。そして、両親の思いとちがうことをやろうものなら、数時間の説教をされる。(例えば、休日の出掛け先・出掛ける時間・帰ってくる時間・お風呂に入る時間・食事の時間・おかずの切り方・おかずの味付け・ごみの出し方・自家用車のオプションなどなど)」(38歳男性/その他/事務系専門職)

・「よかれと思っていろいろと世話を焼いたり、食べ物をくれるが、正直やり過ぎ」(31歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「頻繁に電話をかけてきて、家計のお金に関すること、生活習慣など何にでも口をはさんでくること。ものすごく過干渉」(38歳女性/その他/ その他)

・「いろんな物をくれるけど、要らないといったら不満な顔をされるし、もらって帰って捨てようとしたら旦那にそれならもらってくるなと怒られ、板挟みがしんどい!」(37歳女性/その他/その他)

ほかにも、孫の教育・進学に口を出したり、自分の時の子育てを押し付けてくるという声もありました。きっぱり断るのは角が立つので、参考にしますと聞き流すのがベターかもしれません。また、口出しをしてもいいけれど、お金も出してほしいという意見もありました。

■要求が重い

・「家族として同じような扱いをしてくれるのはありがたいが、実の息子以上に用事を頼まれるのは…」(39歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「跡を継げとうるさい。さらに家も建ててくれと。有り得ない」(36歳男性/不動産/技術職)

・「大型連休には必ず行かないとダメなので大型連休には家族で出掛ける機会がない 」(27歳男性/自動車関連/ 技術職)

・「長男だから早く地元に帰ってこいとうるさい」(30歳女性/金融・証券/事務系専門職)

ほかには、子どもを頼りすぎている、借金を申し込まれるなどがありました。これから多くなると思いますが、長男、長女で結婚した場合は、特に難しい問題が起きそうです。育ててくれた恩もあるし感謝していますが、あまりに頼られすぎても、正直困ってしまいますよね。

■子ども・孫に甘い

・「娘が実家に行くたんびに毎回1万渡すな!」(36歳男性/不動産/経営・コンサルタント系)

・「息子と孫に甘すぎる」(37歳 女性/医療・福祉/専門職)

・「初孫をかわいがってくれるのはありがたいが、毎日写真を要求してきたり、様子を聞いてくるのが、うっとおしい時もある」(31歳女性/その他/その他)

・「子どもを勝手に自分の家に連れて行く」(35歳女性/その他/その他)

子離れができない両親に不満、孫にも甘すぎという声です。両親にとっては、年をとった立派な大人でも、子どもは子どもだし、孫は子ども以上にかわいいといいます。あまりに干渉してくるのは困りものですが、ここは、多めに見てあげてもいいのでは。

■家庭訪問

・「アポなしでコンビニ弁当持参で夕飯時にくる」(34歳女性/医療・福祉/その他)

・「私たちの家に黙って上がり込んで来る。面倒を見ている私たちには一千もなく、家を出た長男にお金を渡している」(33歳女性/その他/販売職・サービス系)

・「私がいないときに家に来ること」(28歳女性/運輸・倉庫/その他)

突然遊びに来たり、急に泊まりにこられるのは、正直こまりますよね。子どもに会いたい気持ちは分かりますが、相手への尊敬が感じられない態度ですね。ここはきっぱりと来る前に一方はいれてくれるよう進言すべきです!

■まとめ

いかがでしたか? 夫婦のことに口をだす過干渉から、孫を必要以上にかわいがるなど、義両親への不満がさまざまありましたね。義両親と良好な関係を築くためには、ルールを決めて、ほどよい「距離感」をとるのが大切なのかもしれませんね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月7日~7月9日
調査人数:412人(22歳~39歳の男女)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)

お役立ち情報[PR]