お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

スキンシップの一環? 彼女とのお風呂で「体を洗ってほしい」男性は●%と判明

ファナティック

恋人と一緒にお風呂に入ると聞くと、それだけでラブラブなカップルなんだろうなと思いますよね。1日の疲れを恋人とともに癒せるのは、一緒にお風呂に入るメリットでもあります。そんなシチュエーションで彼女に体を洗ってもらいたいと思う男性はどのくらいいるのでしょう。社会人男性のみなさんにアンケートで聞いてみました。

Q.彼女と一緒にお風呂に入るとき、体を洗ってもらいたいと思う? 考えに近いほうをお選びください。

洗ってほしい……48.7%
洗ってほしくない……51.3%

<「洗ってほしい」と回答した男性意見>

■スキンシップがとれる

・「体の洗いっこをしたことがあるが、中々楽しいし、スキンシップもできていいと思う」(36歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「お互いに洗うことがコミュニケーションのひとつだと思うので。また、この行為は恋人以上でないとしないことなので」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

恋人との良好な関係を築くには、スキンシップもときには必要。お風呂に一緒に入って体を洗いっこすれば、自然と肌に触れ合うこともできていいですよね。

■体をよりキレイに洗える

・「背中など、日常的に自分では洗いにくい箇所をキレイにしてもらえるので。また、美容院で頭を洗ってもらうときもそうですが、人に洗ってもらうと気持ちがいい」(38歳/その他/営業職)

・「背中を洗うのがひとりでは雑になることが多くなるので、たまには誰かにしっかりと背中を洗ってもらいたいから」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

自分ひとりではなかなか手が届きにくい背中は、どうしても洗い方が大雑把になってしまうもの。たしかに、彼女に洗ってもらえばキレイにしてもらえますね!

<「洗ってほしくない」と回答した男性意見>

■自分なりのルールがある

・「洗う順番もあるし、自分のやりたいように入りたい」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自分の体は自分が一番わかっているし、洗いたいところも知っている」(37歳/情報・IT/営業職)

バスタイムに自分なりのルールを持っている人も多いようです。たとえ彼女であれ、そのルールを乱してほしくない……。そう考える人にとっては、彼女と一緒にお風呂に入ること自体、ストレスに感じてしまうのかもしれません。

■ひとりのほうがリラックスできる

・「自分の汚れは自分で落としたいと思うし、人にやってもらうと、ちょっとくすぐったいから我慢できない」(31歳/情報・IT/技術職)

・「お風呂が狭いから、ひとりで入りたい」(29歳/その他/その他)

お風呂は一日の疲れを癒す場所。それなのにリラックスして体を洗うこともできず、ひしめき合うように湯船に浸かるようでは心も落ち着きませんよね。2人でお風呂に入るには、心にも物理的にも余裕が必要です。

<まとめ>

ほぼ半々の結果となりました! ただ、「洗ってもらいたい」と回答した男性の中にも「毎日ではなくたまになら」という人もいるかもしれませんね。やっぱり毎日同じことを繰り返していると慣れてしまって新鮮味がなくなるもの。「一緒にお風呂に入って体を洗ってあげる」というのを毎日のルーティンにすることはなくても、彼が望んだときには愛情をこめて背中を流してあげる……くらいが一番いいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月5日~10日
調査人数:392人(22歳~39歳の社会人男性

お役立ち情報[PR]