お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

バブルかい! 「流行遅れ」なメイクの特徴4つ

ファナティック

メイクの流行はどんどん変わっていくもの。少し前までは「アリ!」だったメイクでも今は「ナシ!」となることもめずらしくないですよね。そこで今回は、女性のみなさんに「流行遅れだな」と感じるメイクについて聞いてみました。

【涼しげな目元に! 夏にピッタリな「ブルー」系シャドウの使いこなし術】

■バブルを彷彿とさせる

・「眉毛が太くてシャドウが濃いと、バブルのにおいを感じて昭和っぽいと思える」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「眉が太い。口紅が真っ赤。ワンレン頭。バブルっぽい」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「眉毛が濃すぎる、リップが顔の色より赤い。バブル感が出ているから」(25歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

歴史を感じさせるメイクと言えば、やっぱりバブリーなメイク! ドラマやバラエティなど、昔の映像を見ると、思わずギョッとしてしまうことも……。たしかに、自眉を生かした少し太めの眉がトレンドですが、眉毛だけ悪目立ちしてしまうのはアウトのよう。

■青い目元

・「ブルーのアイシャドウ。なかなか最近見かけないと思うから」(33歳/不動産/専門職)

・「あまり似合ってないのに青系のアイシャドウを使ってる人。ちょっと古くささを感じる」(26歳/その他/その他)

クールな印象のブルー系アイシャドウは、夏の時期に使うと涼しげでいいですよね。とはいえ、一歩間違えると、途端に残念な印象になってしまいます! まぶた全体を青くすると、かなり古くさい印象になってしまうので注意したほうがよさそうです。

■パンダメイク

・「アイラインががっつり入っていて、目のまわりが真っ黒」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

目の周囲を黒で縁取り、くっきりハッキリ際立たせたメイクは、少し前の流行メイク。たしかに目を大きく見せることは可能ですが、キツい印象になってしまうだけでなく今の流行の目元ではない仕上がりに。

■全体的に濃い!

・「チークが濃い。全体的に厚化粧」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「塗りたくるメイク。今のメイクは引き算も踏まえているから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

濃いめのメイクはやりすぎ感が出てしまうだけでなく、今のトレンドのメイクからはちょっと離れてしまいます。気になるところのカバーをするのはもちろん大事ですが、「厚化粧」というような印象を持たれてしまわないように気をつけてくださいね。

■まとめ

流行遅れのメイクをしてしまうと、なんとなくダサい印象になってしまいます。もう何年もメイクのやり方を変えていない……という人は、もしかしたらひと昔前の流行のメイクをしてしまっている可能性も。日々トレンドをチェックしつつ、自分に合うメイクをしていきたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月3日~9日
調査人数:117人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]