お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

微乳で損をしていると思うこと4選

ファナティック

女性らしさの象徴と言われるバスト。でも、実際には「私の胸、イマイチかも……」と感じている女性は少なくさそう。そこで今回は、女性のみなさんに「微乳で損をしていると思うこと」についてアンケートで聞いてみました。

【乳輪の大きさ、ぶっちゃけどのくらい?「拳くらいの大きさ」】

■女性としての魅力

・「女性としての魅力に欠けること。バストは女の特徴だから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「やっぱり大きいほうが男性は好きだと思うので、もっと大きければいいのになって思います」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

大きな胸は、文句なしで注目を集めるため、自然と男性を引き寄せちゃうことも。そんな様子を見て「微乳だとやっぱり損だな……」と思うみたいです。

■ファッションで……

・「服を着たときに、胸元が物足りない気がする。ボリュームがあると、女性らしく見えてそのほうがいいと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「すべてにおいて。水着も露出の高い服も着られません」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ドレスなどを着たときに、あまり格好よくない。胸があることを想定して採寸してあるから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

バストのボリュームがないと着られない洋服は、意外とあります。特に夏は水着をはじめ、露出が多めの服を着ることも多いと思うので、大変です。

■下着問題

・「ブラが浮く」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「かわいいな、と思った下着に自分のサイズがない。下着屋さんではアルファベットはCからはじまる」(31歳/その他/その他)

女性用の下着は、ある程度のボリュームを想定して作られていることも多いものです。カップ数が小さいと、お店に行っても置いてないことがあるので、これはたしかに困ります。

■内面にも影響が

・「なんとなく、自分に自信が持てない部分があって、テンションが上がりにくいのかな、と思うことがある」(33歳/不動産/専門職)

・「裸にならないとわからないが、自分の裸に自信が持てないこと」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

こんな意見もありました。バストが小さいことも、立派な個性のひとつなのですが、やはりコンプレックスとなってしまうことも。

■まとめ

微乳女性たちが、日常生活の中で損に感じていることは、実にさまざま。見た目の問題だけではない、根深い悩みが隠されていると言えそうです。しかし、損をしていることがある一方で、きっと得をしていることもあるはず! ネガティブになりすぎず、「今よりもキレイにしよう」と前向きな気持ちでバストケアをしていけるといいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月3日~9日
調査人数:117人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]