お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

私の性感帯はココだよ! 女子がキスされると、愛を感じるカラダのパーツ4選

ファナティック

カップルキスは一番分かりやすい愛情表現と言っても過言ではないもの。唇のキスはもとより、体中のどこにだって、口付けしてもらえるのは、特別な存在だと思ってもらっているからです。その中で特に愛情を感じることができるパーツというのは、どこなのでしょうか? 世の中の女性たちに、その答えを聞いてみました。

■ありきたりなようでいて、特別

・「おでこ。恋というよりも家族のような愛情を感じる」(28歳/建設・土木/技術職)

・「ほっぺた。気軽なスキンシップだからこそ、愛おしくなる」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「耳。耳にされるのはくすぐったくて気持ちよく感じるから」(24歳/建設・土木/その他)

・「唇。好きじゃないとイヤな場所だから」(32歳/自動車関連/技術職)

唇は王道ですが、頬やおでこも特別感があって、ときめきを感じられますね。身長差によって、首より上は、よくキスをされるポイントが変わってくるかもしれません。

■性感帯でもある首

・「首。めったにしないから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「首筋。本能的にゾクゾクするから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「首筋。普通はあまりしないから」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

・「うなじ。プライベートなゾーンだから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

首の神経は繊細で、性感帯でもあります。イチャイチャ中に、首筋やうなじにキスをされるのが好き、という女性も少なくないでしょうね。

■上半身

・「手の甲。手をつないでデートしているとき、ふとした瞬間チュッとされたらドキッとする」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「胸の辺りです。締め付けられるようになります」(24歳/金融・証券/営業職)

・「背中。普段キスされないので、愛を感じる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「ワキ。好きな人のワキじゃないとキスできないと思うから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

深い関係だからこそ、素肌を晒すことができる部分。その場所にキスをされる、というのもまた、特別な意味があるかもしれません。

■下半身

・「足元。そんな場所、愛がなければできないと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「足。キレイな場所じゃないから愛情を感じる」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お尻と太もも。普段は隠れているから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

こちらもなかなかキスされるシーンは少ないでしょうね。だからこそ、深い愛情を感じられるパーツとも言えるかもしれません。

■まとめ

愛する人にキスをされることは、とても幸せなもの。愛情を感じ、相手への思いも膨らむというものです。自分がしてもらうだけではなく、相手にもキスをすることで、自分の愛情も感じてもらえば、二人の絆がさらに深まるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数146件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]