お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

「生理」が原因で男性とケンカになったコト4選

ファナティック

トイレ生理前や生理中というのは、ホルモンバランスが崩れ、身体的に変調が起こるだけではなく、精神的にも変化が起こります。多くの場合は、怒りっぽくなったり、悲観的になったりして、普段は穏やかに接することができる相手とも、衝突しがちに。そこで、実際に、生理中に男性とケンカしてしまったエピソードについて、女性たちに聞いてみました。

■小さなことにイラついて……

・「生理前はどうしてもイライラしてしまい、少しのことで怒ってしまう、相手は『なんでこんなことで!』と思って更にケンカになる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「イライラしてて、ちょっとしたことでイラッときて、ケンカしたことがある」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「イライラして彼に当たってしまい、涙まで流したことがある。今思うと、どうでもいいことにイライラしていたなと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「イライラしやすい時期なので、ちょっとした遅刻などでもケンカになりやすい」(25歳/食品・飲料/専門職)

普段は「はいはい」と流せることも、流せなくなってしまうのが生理中の精神状態なのですが、男性にはなかなか理解してもらえないのがつらいところ。

■夜の営みができず……

・「旅行なのに生理になって、できなかった事」(35歳/情報・IT/技術職)

・「生理中にイライラしていたときに、できないとガッカリされたとき」(24歳/医療・福祉/専門職)

彼女と一緒にいるときはしたい、という男性の気持ちはよく分かりますが、生理中の体は、非常に繊細でできない、ということをきちんと分かっていただけると、うれしいですね。

■指摘されて

・「イライラしているときに険悪なムードになり、『今生理中でしょ』と言われて堪忍袋の緒が切れた。余計なひと言だと思う」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「生理痛でイライラしているときに男性が『イライラしているけど生理?』と笑いながら聞いてきて、怒ってしまった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「言い方がキツかったらしく、『今生理なんだよね。だからイライラしてるんだよ』と、あたかも私の体調を悟ったかのような言葉を発したときは突っかかった」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

確かに、生理中だからこそイライラしがちなのですが、そこを指摘してくるのはデリカシーに欠けます。怒ってしまっても仕方ないですよね。

■デートのときに

・「体調が悪いのを隠して遊びに行ったときに、楽しくないなら帰れ!と怒られた」(23歳/金融・証券/営業職)

・「たくさん歩かされたときに、もう無理って思ったので勝手に怒って先に帰りました」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「生理のむくみがひどくて、デートをドタキャンしたら怒られたこと」(32歳/金融・証券/専門職)

・「生理が重くて、家に居たいと思っていたのに、彼に外出するデートに誘われたとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

長く歩いたり、体を動かしたりすることは、生理中はできるだけ控えたほうが良いもの。デートのときには、そのことを頭に入れて、プランを考えてもらいたいですね。

■まとめ

生理のつらさを、男性は決して、肌身に感じることはできません。だからこそ、彼に理解をしてもらいたいのであれば、言葉できちんと伝える必要があります。女性のデリケートな話題ですから、彼に話すのは恥ずかしいかもしれませんが、月に一回、必ず来るもののせいで、険悪なムードにならないためにも、彼にはしっかり理解してもらいましょうね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数146件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]