お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

生理前はヤバイのっ……! オンナの子宮がうずく瞬間3つ

ファナティック

女性にしかない器官と言えば、子宮です。「子宮がうずく」という言葉をよく耳にしますが、人によっては、そんな感覚を体験したことがあるようです。では、実際にどんな瞬間に子宮がうずくのか、働く女性のみなさんにこっそり聞いてみました。

■生理前や生理中

・「生理前。なんとなく子宮のあたりに違和感があったりして意識する」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「生理中。血を外に出そうとしているから」(32歳/金融・証券/専門職)

女性がもっとも子宮の存在を感じるのは、やはり毎月訪れる生理のときのようです。生理前からお腹がダル重くなることってありますよね。面倒だと思うこともあるでしょうが、生理が毎月くるということは健康体だということです。

■男性にキュンとするとき

・「好きな人のことを考えているとき」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「ドンピシャな男性に巡り会ったとき。抱かれたいと思う」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「筋肉を見たとき。割れた腹筋などにときめくから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「子宮でものを考える」という言葉があるように、子宮は女性らしさの象徴でもあります。男性にキュンとしたときには、胸のあたりだけでなく、子宮が実際に反応するような気がするという女性も。恋と子宮も何かしらの関係があるのかもしれませんね。

■赤ちゃんや子どもを見たとき

・「子どもの泣き声がするとき。なんとなく下腹部がむずむずすることがあった」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「赤ちゃんを見たときにキュンとしてうずく感じがする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

母性本能が刺激されたときにも、子宮がうずくような感覚を感じる人がいるようです。子宮は、子どもを育むための場所。そんなことも関係して、きっと反応しているのでしょうね。

<まとめ>

女性にとって子宮の存在を感じるのは、やっぱり生理が一番身近なようですね。でも、赤ちゃんを見たり、好きな男性にキュンとしたりしたときにも「子宮がうずく」ことがあるようです。みなさんは、こんな経験ありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月2日~2016年8月8日
調査人数:142人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]