お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

色気が溢れ出そう? 女性ホルモンを増やすために食べているもの4つ

ファナティック

ボリュームのある胸、プリッとしたヒップライン……。色気を感じる、女性らしさ満点のボディラインを持つ女性は、なんとなく女性ホルモンが多そうだなと感じることはありませんか? そこで今回は、女性のみなさんに「女性ホルモンを増やすために食べているもの」について聞いてみました。

【色気、あふれ出てる? 「おフェロ女子度」診断】

■豆乳

・「豆乳。女性ホルモンに似た成分がいいと言われるので」(27歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「豆乳。ホルモンバランスを整えてくれそうだから」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ミルクを豆乳に切り替えるなど。大豆製品はイソフラボンが~と聞いたことがあるため」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

1日1杯豆乳を飲むくらいなら、無理なくできそう。シリアルやグラノーラを食べるとき、牛乳の代わりに豆乳を使うというのもアリですよね。

■納豆

・「納豆。発酵食品だし大豆だしいいとこだらけなイメージ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「納豆。女性ホルモンに似たイソフラボンが豊富だから」(27歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「納豆。腸内環境を整えてくれる」(22歳/建設・土木/技術職)

豆乳と同じく、大豆製品である納豆も女性ホルモンが増えそうと感じる女性は多いみたい。大豆イソフラボンは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た働きを持つと言われているのは、有名。毎日食べ続けることで、女性らしい体つきに近づくかも!?

■豆腐

・「豆腐。大豆でできているし、ヘルシーだから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「豆腐などの豆類です。納豆は食べられないので、毎日豆腐のみそ汁」(32歳/その他/その他)

・「お豆腐。大豆系はイソフラボンが豊富だから」(24歳/建設・土木/その他)

豆乳や納豆に飽きてしまったら、豆腐を使った料理にするのもよさそう。そのままでもOKですし、みそ汁に入れて食べるなど、調理法が豊富なのもいいですね。

■果物

・「ブルーベリー。なんとなくいいと思うから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「レモン。ビタミンCが豊富そう」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「イチゴ。イメージ的にいい」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

フルーツはビタミンやミネラルなど、美容にいいと言われる成分がたっぷり。そのため、女性ホルモンを増やすためにもよさそうと感じるみたい。実際に、女性ホルモンを活性化させる成分がふくまれていることもあるみたいなので、積極的にとりいれていきたいところ。

■まとめ

ホルモンバランスがきちんと整っていることで、見た目の美しさはもちろん、健康的なカラダもキープできそう。ぜひバランスのいい食生活とともに大豆製品やフルーツを積極的にとっていくことで、女性らしさ満点なボディに近づけたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月12日~20日
調査人数:104人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]