お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

みんなどうしてるの? デリケートゾーンの洗い方で気をつけていること4つ

ファナティック

お風呂に入るときは、忘れずデリケートゾーンのケアもしっかりしておきたいもの。普段見えない部分だからこそ、洗い方にも気をつけてあげるべきところ。そこで今回は、働く女性たちにデリケートゾーンの洗い方で気をつけていることを聞きました。

<デリケートゾーンの洗い方で気をつけていること>

■せっけんは使わない

・「せっけんは使わない。せっけんを使って洗ったらカンジダになったので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「ボディ用のせっけんで洗わないようにしている。刺激が強いかもしれないから」(26歳/その他/その他)

・「お湯でのみ洗う。ソープとかで洗うとしみそうだから」(33歳/不動産/専門職)

普段体を洗うせっけんだと、デリケートゾーンには刺激が強いかもしれませんよね。お湯でしっかり洗い流して、指先を使ってきれいにしたいものです。

■ごしごししない

・「ごしごしこすらない。色素沈着につながるから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「ごしごし洗いすぎないようにしている。逆効果になると聞いたことがあるので」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「タオルでごしごし洗わない。デリケートな箇所だからやさしく洗うのが普通だと思っているから」(34歳/医療・福祉/専門職)

デリケートな部分になるので、あまり強く洗いすぎるのはよくありません。普段は隠れている部分なので、必要以上にこすりすぎてしまうと、炎症を起こしてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

■洗いすぎない

・「洗いすぎない。いい菌まで殺してしまいそう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「洗いすぎないこと。洗いすぎはよくないと聞いたので」(23歳/金融・証券/営業職)

・「乾燥しすぎると痒くなるので、洗いすぎに気をつけています」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

デリケートゾーンをなるべくキレイにしたい気持ちはわかるものですが、あまり洗いすぎるのもよくないよう。特に膣内まで洗剤を使って洗うと、膣内の自浄作用を崩してしまう原因になることも……。

■せっけんに気をつける

・「弱酸性のせっけんでやさしく洗う」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「専用のソープを使う」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「強い洗浄剤を使わないこと。肌を傷めそうだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

最近ではデリケートゾーン専用のせっけんなども販売されているため、せっけんを工夫してあげるのもよさそうです。デリケートゾーンに問題がある場合は、せっけんを変えてみるといいかもしれませんね。

<まとめ>

ニオイが気になるからといって、あまりデリケートゾーンの内部までゴシゴシ洗ってしまうのは、よくありませんね。汚れをキレイに洗ってあげる必要がありますが、デリケートな部分なので注意しながら洗いましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月26日~2016年8月2日
調査人数:108人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]