お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

もぉ、泊まっていきなよ~! 男性を自宅に連れ込む方法4つ

ファナティック

デートも盛り上がった夜、このまま彼と一緒にいたいと考えたときに、自分の家に泊まってもらいたいと思うことはありませんか? そんなとき、みんなはどのようにお泊まりの流れに持っていくのでしょうか。社会人の女性に、その方法を教えてもらいました。

■家での過ごし方提案する

・「面白いDVDがあるんだよ、などと家での具体案を出す」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「嫌じゃなければ家で飲み直す?と聞く。向こうからは行きたいと言えないと思うから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

もしかしたら彼は彼女が誘ってくれるのを待っているかもしれません。そんな空気を感じたら、これからの過ごし方を提案してみましょう。家でなければできないことを提案するのがポイントですね。

■男性が家まで一緒に行かざるを得ない理由をつくる

・「こないだ知らない人に家までついてこられたから帰るの怖いなぁと言って部屋まで送らせて、終電がなくなるまで帰さない」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「家電が壊れたみたいだから見てほしいとかいう」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

家の中を見渡してみましょう。女性だからできないこと、ありませんか? それが事実でもウソでも、男性の手を借りたいことをアピールして、男性が家に行く口実を作ると「しょうがないなぁ」と言いながら来てくれる可能性が高くなるでしょう。

■居心地のいい家をアピールする

・「掃除もして、よりキレイになったことや、○○を作ろうかな♪と相手の気をそそるようなことを伝える」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「夕ご飯食べに来ない?と誘います」(34歳/医療・福祉/専門職)

「うちに来たらこんなことが待ってるよ」と、居心地のいい家であることをアピールする方法です。キレイな部屋、おいしい手料理など、男性にとって新鮮味があることをアピールするとより効果的かもしれません。

■ストレートに聞いてみる

・「恥ずかしいけど正直に、泊まっていく?と聞く。そこはうまく誘えないので」(24歳/農林・水産/事務系専門職)

・「数日前から泊まりに来る?とお誘いしておく」(29歳/機械・精密機器/技術職)

いろいろ小細工するのは面倒! という人は、ストレートに聞いてみるのもアリでしょう。事前に誘うのは用意周到に思えるかもしれませんが、男性にも気持ちの準備というものがあります。そういう意味ではむしろ良心的な誘い方かもしれません。

■まとめ

男性に泊まってもらいたいと思ったら、まずは自分がお泊まりを受け入れる態勢であることをアピールする必要があります。男性を「泊まりに行ってもいいんだ」と安心させれば、ごく自然な流れでお泊まりに持ち込むことができるでしょう。お泊まりに誘うときは、その場の流れや空気も考慮しつつ、2人の距離を縮めることが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数127件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]