お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ダイエット

見ないでぇっ! 男性が「太っている」と判断するカラダ4つ

ファナティック

体重を知らなくてもできる「太っているかどうか」の見極め。体のパーツなどを見て肉づきのよさや丸さを感じると、たとえ体重が軽かったとしても太っていると思ってしまいますよね。そこで今回は、男性が女性を見たときに「太っているな」と判断するのはどんなポイントなのか、本音をぶっちゃけてもらいました。

■脚

・「脚。夏になると肌を見せる服になるので、太い足は目がいく」(33歳/情報・IT/技術職)

・「太ももとふくらはぎが同じような感じ」(31歳/自動車関連/技術職)

・「ふくらはぎの異様な太さは、これで全体重を支えているんだろうな、と思うことがある」(37歳/警備・メンテナンス/その他)

スカート姿のときには、はっきりとわかる脚の太さ。太もものむっちり具合、ふくらはぎの太さなどを見て太っているかどうかを決めるという男性も少なくはなさそうです。ただ、太くても足首が締まっていたり、ふくらはぎと太もものバランスがよければそれほど太っているようには見えなさそうですね。

■フェイスライン

・「顔の輪郭が丸っこい」(25歳/情報・IT/営業職)

・「あごに肉がついていると全体的に太っている感じがするので、あごの肉つきで判断している」(36歳/その他/その他)

・「ほほ肉がたるんでる」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

太るときには頬やあごなどの顔まわりから肉がつくという人もいますが、フェイスラインにお肉がついていると体が痩せていても太っていると判断されることが。たしかに、二重あごはそれだけで太っている印象に見えますよね。

■お腹まわり

・「横から見てお腹が出っ張っていると『太っている』と思う。太っているかどうかはお腹にもっとも現れると思うから」(35歳/商社・卸/経営・コンサルタント系)

・「お腹まわりがパツパツ。普通サイズの服なのに腹のラインが出ているともうダメだと思う」(33歳/金融・証券/営業職)

・「お腹まわり。おデブな女性はお腹が出ていてなかなか隠し通せるものではない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

横から見たときに胸よりもお腹が出ている、洋服の上からでもお腹が段々になっているのがわかる。こうなると、たしかに太っていると判断されても仕方なさそう。気になる部分は、ふわっとしたトップスで隠しつつ、引き締めエクササイズや食事制限などで少し絞ったほうがよさそうですね。

■腕

・「手首に赤ちゃんのようなわっかができている。できていたら完全にデブ」(31歳/その他/その他)

・「二の腕がもっこりしている」(26歳/ソフトウェア/技術職)

・「二の腕。それ以外はぽっちゃりで許せるが、二の腕は許せない」(33歳/運輸・倉庫/その他)

二の腕がむっちりしていて手首は肉が盛り上がって溝ができている。赤ちゃんならかわいいで済まされるでしょうが、大人の女性になると、おデブと判断されるポイントに。半袖やノースリーブの季節には隠せない二の腕は、意識して使わないと細くなりにくいパーツなので重点的にエクササイズしたほうがよさそうです。

<まとめ>

見るからにおデブというわけでなくても、どこか1カ所でも肉感的だったりすると「太っているかも」と判断されてしまうことがありそう。細ければいいものではないにしても日ごろ使わない部分は、筋肉がなくてたるんだ印象になってしまうパーツです。ダイエットや引き締めを意識して、日常生活の中で少しでも動かす習慣が身につくといいですね。

(ファナティック)

※5画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月21日~2016年6月22日
調査人数:382人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]