お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

もー、かわいいんだから! 女子がグッとくる「彼の甘え方」4 「アノ最中に●●と言われた」ほか

フォルサ

女子がグッとくる「彼の甘え方」4

普段はクールな彼。そんな彼が自分だけにたまに見せる甘える姿にキュンキュンする人は多いのでは? 今回はおもわずキュンとした、彼の「甘え方」について聞いてみました。

■膝枕で密着

・「疲れているときに膝枕をしてほしいという」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「膝枕したいと甘えてきてくれたときにキュンキュンした。」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「突然、座っている自分の膝に頭を載せて、ひざまくらをせがんできた。」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

2人並んで横になることはあるかもしれませんが、膝枕というシチュエーションは、彼氏も彼女も萌えポイントのようです。「甘える=膝枕」は恋する男女の鉄板です。

■2人きりのときだからこそ

・「2人きりのときに甘えられると普段とのギャップでキュンとする。」(26歳/その他/その他)

・「仕事場ではみせないような甘え方をしてきたとき」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「寝ているとくっついてハグをしてくること」(28歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

いつもの彼氏からは想像できないような、甘えたしぐさは彼女の心をぐんぐん引き寄せるでしょう。それが、2人しか知らない姿であればなおさらです。

■ギュッとされて幸せ

・「後ろから包み込むように抱きしめてきた時」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「後ろから抱き着いてきて肩に頭をすり付けて甘えてくる。」(32歳/自動車関連/技術職)

・「朝起きて、離れようとしても抱きついてきた時。」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

彼からの甘えサインでもっとも多かったのが、膝枕と並んで「後ろからギュッ」でした。彼女の不意を突いて後ろから抱き寄せられると、ドキッとしながらもときめきますね。

■自分にしか見せない姿にKO

・「普段クールな人が、ひっついてきたとき」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「別れ際にそっと体を寄せて来て『離れたくない』というそぶりを見せたとき、照れ臭くて言葉には出さないところがかわいいしキュンとする」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「セックスのときに『・・・幸せ・・・』と言われた」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

自分しか知らない彼氏の甘えた姿、そのことを知っているだけでも特別で幸せな気分に浸れます。ギャップ+非日常のしぐさが合わさると、彼の甘え度は最強になるようです。

■まとめ

彼から彼女に甘える方法では、「ギュッと抱き寄せ」や「膝枕」などの密着系サインが大多数でした。スキンシップで甘えるというのは、男性にとっても女性にとっても、心をくすぐられるような幸せな気分になれるようです。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月19日〜7月24日
調査人数:121人(22歳〜34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/竹林みか)

お役立ち情報[PR]