お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

友達でもムリ! 不衛生だと感じて抵抗があるもの4つ

ファナティック

なるべく清潔にいられるよう、普段から身だしなみやニオイケアなどに気をつけている人も多いのでないでしょうか。しかし、自分は清潔にできても、まわりに対して不衛生と感じてしまうこともありますよね。そこで働く女性たちに、「不衛生だと感じて抵抗があるもの」を聞いてみました。

<不衛生だと感じて抵抗があるもの>

■公衆トイレ

・「公衆トイレの便座に座ること。不衛生」(23歳/その他/その他)

・「公衆トイレの便座に座ること。菌がいっぱいいそうで座れない」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「公衆トイレの利用。誰がどんな使い方をしているかわからないから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

公衆トイレの場合、いろいろな落書きがあったりと、きちんと清掃されていないイメージがあるのかも。気になる人は除菌グッズが欠かせないですね。

■電車のつり革

・「つり革を触ること。前に誰が触ったかわからないから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「電車のつり革を握ること。いろんな人が触っているから」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「電車の手すりにつかまること。汚いから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

公共のものの共通点は、誰でも利用できるということ。誰でも使用できる反面、誰が使ったかわからないということもあります。気になる人はグローブなどがあると便利ですね。

■手を洗わない人

・「トイレで手を洗わない」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「トイレに行ったあとに手を洗わない人。菌がいて気持ち悪いから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「手を洗わないでごはんを食べる」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

トイレで手を洗わない人は、もしかすると思った以上に多いのかもしれません。食事の前でもそうですし、やはり衛生面を考えると、きちんと手を洗うのがよさそうです。

■まわし飲み

・「飲み物のまわし飲み。友達でもありえない」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「まわし飲み。なんとなく嫌」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「まわし飲み」(22歳/建設・土木/技術職)

潔癖症でなくても、飲み物のまわし飲みは苦手という人は多いのではないでしょうか。相手によっては、できればまわし飲みはしたくないと思うこともあります。

<まとめ>

気づいていないだけで、意外と潔癖症の人はまわりにいそう。潔癖症までとはいかなくても、世の中には不衛生だと感じることは多いのかもしれません。気になる人は、除菌シートや消毒を使うなどの対策をとりましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月26日~2016年8月2日
調査人数:108人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]