お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

椅子に血がっ……! 恥ずかしすぎる生理中の失敗4選

ファナティック

生理中は経血漏れの心配で、常に生理用品の交換を気にしている人も多いかもしれません。もし漏れてしまったのに気づかないと、とても恥ずかしい思いをすることになります。そんな恥ずかしい失敗を、女性のみなさんに聞いてみました。

<恥ずかしすぎる生理中の失敗>

■服を汚した

・「ショーツを越えてスカートやズボンを汚してしまった」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「デートで好きな白いスカートをはいたら、真っ赤になったこと」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「職場でスカートを汚してしまったとき。穴があったら入りたいくらい恥ずかしかった」(25歳/医療・福祉/専門職)

生理中に気をつけていても、いつの間にか経血が漏れてしまっていることもあるもの。なるべく生理中には白色や色の薄い洋服を着ていくのは、避けるようにしたいですよね。

■ナプキンを落とした

・「ナプキンが横ズレしそのまま短パンから落ちた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「移動中にナプキンを落とした」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「学生時代、生理のときに体育で跳び箱の授業があり、飛ぶと同時にナプキンが飛び出たこと」(32歳/金融・証券/専門職)

予想もしないところで、ナプキンが落ちてしまうトラブルに遭った人もいるようですね。まわりに誰もいなければいいですが、人が多いときは恥ずかしいどころではありませんよね。

■椅子を汚した

・「長時間着席していないと行けなかったときに椅子に血がついていた」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「椅子についた」(22歳/建設・土木/営業職)

・「椅子を汚して友達にバレた。でも友達が汚したのに気づいてさりげなく拭いててくれてた」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

仕事中に長時間座ったままの体勢でいなければならないと、経血が洋服を超えて、椅子に漏れてしまうこともありますよね。なるべく夜用や多い日用の生理用品を使うなどして、対処したいものです。

■寝具を汚した

・「ナプキンから漏れて、布団についてしまったこと」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お布団で寝ていて寝返りを打ったときに漏れていたこと」(24歳/金融・証券/営業職)

・「シーツの上に経血をべっちゃーと汚したことです」(32歳/その他/その他)

寝ているときは、どんな寝相をしているか自分ではわからないのもの。気をつけていても、横漏れしてしまうこともありますよね。

<まとめ>

生理中に経血の漏れを経験して、恥ずかしい思いをした人も多いかもしれませんね。怪しいなと思う日は、ナプキンを多い日専用のものにしてみたり、重ねづけをすることで、なんとか対処したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月26日~2016年8月2日
調査人数:108人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]