お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ママ

産後もキレイな人がこっそりしてること4

フォルサ

産後のママの努力

産後に太った・たるんだなど、体形のくずれに悩むママは多いようです。そこで今回は、産後ママたちがボディラインを戻すためのおこなった努力について、どんなことをしたのか聞いてみました。

■腹筋・筋トレで鍛える

・「ジムに行って毎日体型維持に励んでいる」(34歳/自動車関連/事務系専門職)

・「スクワット。腹筋。背筋のセット」(28歳/商社・卸/技術職)

・「昔流行ったブートザキャンプをまたやりだした」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「水泳をすることで、体を鍛えています。」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

妊娠中に落ちてしまった筋肉を、再び鍛えて体系維持しようと頑張るママの努力を感じる意見が多くよせらせました。ピラティスやヨガ、ウエストひねりなど、ボディライン維持のために頑張る女性の回答も多かったです。

■矯正下着やエステ

・「矯正下着をつける、運動を続ける」(28歳/建設・土木/営業職)

・「エステとベルトなどで基に戻すようにした。」(36歳/小売店/その他)

・「妊娠出産してからエステに通っているので」(36歳/情報・IT/その他)

出産前の体型を目標にして、毎日骨盤ベルトを活用しているという意見が上がりました。開いた骨盤のせいで大きく見えるヒップラインを気にしている女性が多いことが分かります。

■こまめに運動

・「なるべく掃除など運動するように」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「日ごろからおなか回りに力を入れたり、座っているときも脚をくっつけて座ったりと心掛けている。」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「抱っこしてあやしながらスクワットしたり、足腰を鍛えています」(36歳/ソフトウェア/技術職)

子どももいるし、トレーニング施設に頻繁に出かけられないママは、子育ての合間にも体系維持のために頑張っています。特に「子どもをあやしながら一緒に筋トレも行う」という回答がいくつもありました。赤ちゃんの重みを利用して鍛えるとは、ママならではです。

■日常生活で気配り

・「何も努力していなかったが、母乳のために和食を食べていたら、育児の過酷さと合わせて、ぐんぐん痩せていった。」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「体重が変わらないように毎日体重計に乗っている。」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「食べ過ぎないようにカロリーコントロール」(30歳/小売店/事務系専門職)

際立ったトレーニングはしていないけど、健康管理と体力維持に気を使っているママも多数いました。変わってしまった体型をそのままにしないという意識を持つだけで、毎日の生活のちょっとしたこともスリム化に役立っているようです。

■まとめ

妊娠後の女性の体は、出産するまでお腹周りは大きくなりつづけ、運動も思ったようにできない日々を過ごしているため筋力も低下してしまいます。健康的に美しいボディラインを手に入れるママの努力も様々ですが、毎日の生活の中で上手に筋トレしているという女性の意見が全体の半数近くでした。いつまでも美しくありたいという、女性の願いと努力を感じる結果となりました。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月22日~8月2日
調査人数:87人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/竹林みか)

お役立ち情報[PR]