お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

肌がキレイな「おばあちゃん」が長年習慣としていそうなこと3選

ファナティック

美肌を目指して、毎日スキンケアにはげんでいる女性も多いのでは。実際に、いくつになっても「キレイだな~」と見とれてしまうような肌を持つ人もいますよね。そこで今回は、女性のみなさんに「肌がキレイなおばあちゃんが長年習慣としていそうなこと」について聞いてみました。

【自分の肌に自信ある? 「すっぴん力」診断】

■規則正しい生活

・「早寝早起き。肌のゴールデンタイムにしっかり睡眠をとっている」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「規則正しい生活をしている。体の中からキレイな感じがするから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「早寝早起き。規則正しい生活をしていそう」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

毎日不規則な生活をしていると、寝不足やストレスがたまってしまい、肌もボロボロになってしまいそうですよね。規則正しく、早寝早起きをずっと続けていれば、肌トラブルとは無縁!?

■健康的な食事

・「食生活が規則正しく、魚野菜中心なんだと思う。内臓のキレイさが肌にあらわれると思うから」(28歳/建設・土木/技術職)

・「食生活が和食中心なんだと思います。肌を作るのは食事だから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「バランスのいい食事を長年続けている」(32歳/自動車関連/技術職)

おばあちゃんになっても美肌を保てているということは、長年の健康的な食生活が、キレイな肌を作り出してくれているのかもしれませんね。今のうちからバランスのいい食事を心がけたいですよね。

■スキンケアを怠らない

・「しっかりと保湿を長年していること。日焼け対策をしていること」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「スキンケア。肌は手入れしないとキレイでいられないから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「スキンケアをきちんと続けている」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

普段からスキンケアを続けていくのは、難しいこともありますよね。忙しすぎたり、自分の時間を作ることができないと、ついスキンケアがおろそかになってしまいますが、肌がずっとキレイな人はその「手間」を惜しまないと感じるよう。最低限の「保湿」だけはどれだけ疲れていてもするようにしたいですね。

■まとめ

メイクで肌の状態をある程度カバーすることはできたとしても、やっぱり素肌がキレイな人には及ばないもの。スキンケアはもちろんですが、口にするものも美肌には大きくかかわってくるもの。規則正しい生活を心がけて、栄養バランスばっちりの食事を続けていくことで、おばあちゃんになっても、キレイな肌でいられるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月12日~20日
調査人数:104人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]