お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

ヤバすぎっ! 女子が目撃した「オトコの生理」4パターン

ファナティック

ホルモンバランスに振りまわされやすいのは女性だけじゃない! 男性も、女性から見て「それって生理中の私と一緒!」と思うような、精神的バランスが崩れる時期が……。そこで今回は、働く女性に「もしかして生理中?」と思ってしまった男性の言動について聞いてみました。

■やけにイライラすることが増えたとき

・「やけにイライラして、貧乏ゆすりまでしている人に、有り得ないけれどそう思うことがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ささいなことにイライラして、周囲に八つ当たりをしている。自分もよくそうなるから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「小さな音でもうるさいとイライラしているとき」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

生理中は気分が不安定になり、ささいなことでイライラしやすくなるもの。でもこの症状は女性だけでなく、男性にも同じように起こることが……。こんな男性を見ていると「男性にもホルモンバランスの波はあるのかも?」とつい思ってしまいます。

■喜怒哀楽が激しくなるとき

・「ヒステリックになっている 『もぉー!』とか怒りっぽく、落ち着きがない」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「口数が多い。いつもは冷静な彼がハイテンションになるから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「気分の浮き沈みが激しい」(27歳/不動産/秘書・アシスタント職)

気分の浮き沈みが激しい生理中は、感情の振れ幅も大きくなり小さなことで激怒してしまうことも! これとまったく同じ症状が、男性にも見られるよう。いつも冷静で客観的な彼氏が激怒すると不思議で仕方ないですが、「生理中」だと思えば妙に納得?

■体の不調を大げさに訴えるところ

・「なんかダルいと大げさに体の不調を訴える言動。『察しろ』的な雰囲気を出すから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「デートをしていて夕方になるにつれて疲れのせいか機嫌が悪くなる。『生理中かよ!』と思わず突っ込みたくなる」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

「生理のつらさ」を彼氏にわかってほしいときは、つい「痛い! つらい!」と体調不良を大げさに訴えてしまうもの。どうやらこんな行動をとる男性もいるようです。体の中で起こっている不思議な現象は異性には理解しづらいだろうと、大げさな表現を選んでしまうものです。

■お腹をさすり痛そうにしているとき

・「お腹をさすって痛そうにしている。ついつい自分も無意識でさすってしまうから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「『今日貧血気味で~、お腹の調子が悪くて~』などの発言。生理とは言わないけど生理痛の症状が出てそうな言動」(28歳/建設・土木/技術職)

生理ではなく、下痢や胃痛など別の症状なのだろうとわかっていても、生理中の自分と重なって見えてしまうのが「お腹が痛がっている男性」の姿。同時に貧血になったりめまいを起こしていたりしたら、もう完全に「生理」にしか見えない!?

<まとめ>

男性のこんな姿を見ていると、生理とは言わないまでも「男性もホルモンバランスが乱れているの?」と感じることがありますよね。実際はどうなのかわからないですが、男性がつらそうにしていたら「生理中の女性と同じ」だと思って、やさしく接してあげるといいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月21日~2016年7月25日
調査人数:112人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]