お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

これで彼氏をゲット! 男性に告白してもらうための方法10

ファナティック

お互いに好きなのはわかっていても、男性の背中を少し押してあげないと告白してもらえなさそうなことも……。そこで意中の男性に告白されたいとき、女性はどんな方法を使っているのか、働く女性に聞いてみました。

■彼氏いないアピール

・「彼氏いないアピールをしておく。休みの日は暇で困っているアピールをしておく」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「1人でいるの最近寂しくなってきたんだよなぁとサラッと言う」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「上手くいっていないとか、寂しいとか言ってみる」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

まずこれをしないと、そもそも「恋愛対象」だと気付いてもらえない場合がありますよね。好きな男性にデートに誘ってもらうには、まずはここから? 「じゃあ今度の休日、一緒に……」という言葉が引き出しやすくなりそう。

■好きだと遠まわしにアピール

・「好きだということを、ボディタッチなど態度で小出しに伝え、告白しやすい環境を作る」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「あなたといると落ち着くとか楽しいとか、あなたと一緒の時間が幸せ感をアピールする」(35歳/その他/事務系専門職)

・「好きと言葉にしないだけで相手にほとんどわかるようにする」(35歳/ソフトウェア/技術職)

「自分に好意がある」とわからないと、女性を誘う勇気がなかなか出せない男性には、こんな方法も効果的ですよね。奥手なタイプの男性や、慎重なタイプの男性には、こんな風に遠まわしかつわかりやすくアピールするといいかもしれません。

■ほのめかす

・「『2人って付き合ってるの?』って聞かれたよ、とほのめかす」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「一緒にいて楽しいとか、彼女になる人はうらやましいなとか」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

「ほのめかし」も、男性に好意を伝えたいときに役に立つ方法。またなかなか一歩踏み込んできてくれない男性の「背中をポンと押すとき」にもいいですよね。そろそろ先に進みたいときには「ほのめかし」です。

■近づいて、沈黙の時間を作る

・「距離が近くなったときに見つめて沈黙の時間を作る」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「2人でいるタイミングを増やす」(35歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

そろそろ告白間近なときは、最終手段としてこれをすれば「告白」を引き出しやすくなりそう。どんなにいいムードになっても、男性が告白するタイミングを失ってしまえばそれまで。女性からも、いいタイミングを作ってあげたいですね。

好きな男性から告白されたいなら、告白しやすくなるような環境を作るのがお勧め。あと一歩というところでいつも男性が踏み込んできてくれないときは、上記女性たちの意見をぜひ参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数216件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]