お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

「生理中」であることを男性にうまく伝える方法4つ

ファナティック

毎月生理が近くなると、生理痛がひどかったり、イライラしてしまったりすることもありますよね。その大変さをわかってほしくて、周囲の人に自分が生理であることに気づいてほしいと思うこともあるものです。社会人女性のみなさんは、自分が生理中であることを、どのようにして男性に伝えているのでしょうか。その方法を教えてもらいました。

■お腹が痛いアピール

・「『ちょっとお腹痛いんだよねー』と遠まわしにアピールする」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『お腹が痛い、ホルモンバランスが……』など遠まわしにアピールする」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「生理とは言わず、お腹と腰が痛いということだけ伝える」(30歳/情報・IT/その他)

お腹が痛いことをアピールすると、勘のいい男性なら気づいてくれそうですよね。鈍感な男性の場合、ただの腹痛と勘違いされることもあるので、言いまわしには気をつけたいものです。

■ストレートに言う

・「そのままズバリ言っている」(32歳/自動車関連/技術職)

・「正直に話します。『今生理中なの』と」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「はっきり生理だと言う」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

遠まわしに言っても通じない男性も多いため、ストレートに「生理です」と伝えるほうが早いという意見も。できればこちらから言わなくても気づいてほしいものですが、性別がちがうのだからこそ、こればかりは仕方がないのかもしれませんね。

■体調が悪いと伝える

・「『ちょっと体調が悪いです……ゴニョゴニョ』で濁す。大体わかってくれる気がする」(32歳/不動産/専門職)

・「『ちょっと体調が……』などと言って察してもらう。勘のいい男性なら気づいてくれそう。こういうところで相性が出ると思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「『ちょっと調子が悪いです』」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

いつもより体調が悪いと伝えることで、生理だと気づいてもらえるかもしれませんね。あまり深く突っ込まれて聞かれると、それはそれで嫌な気持ちになりそう。ここで理解してもらえるかどうかで、彼との相性がわかるのかもしれません。

■『女の子の日です』

・「『女の子の日』と遠まわしに言う」(27歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「『今日は女の子の日だから』と素直に伝える」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『女の子の日だよ』って伝えてます」(27歳/情報・IT/技術職)

ズバリ「生理」というよりは、「女の子の日」と伝えたほうが、なんとなくオブラートに包まれた表現なので言いやすい!? 鈍感な男性だと、何の日かわからないこともあるかもしれませんね。

<まとめ>

生理中はいつもと体調も異なるため、できれば周囲からの配慮があるとうれしく感じるものです。女性同士なら気軽に話すこともできますが、男性に言うのはなかなか恥ずかしいもの。女性の体調を見て、察してくれる男性ならキュンとしますね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月6日~2016年5月10日
調査人数:157人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]