お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

血、漏れないの!? 生理中が大変そうな職業4選

ファナティック

生理中は仕事を休みたくなるほどの痛みやだるさに襲われる人も多いのではないでしょうか。制度として生理休暇は認められているものの、なかなか取得できないのも事実です。そんな体力的にも精神的にもきつい生理中、多くの職業から群を抜いて大変そうな職業を社会人の女性に挙げてもらいました。

<生理中が大変そうな職業>

■体調が悪くても地上から離れなければならない

・「客室乗務員。フライト中はお手洗いにも行けなそうなので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「フライトアテンダント。立ちっぱなしだし移動も多いから」(24歳/金融・証券/営業職)

本来であれば、家のベッドでゆっくりと体を休めたいはず。ですがフライトアテンダントは生理中でも地上から離れなければなりません。笑顔で立ちっぱなしでいるのはもちろん大変そうですが、就寝する場所がホテルというのも落ち着かないかもしれませんね。

■流血していても水に入らなければならない

・「プールや海など毎日水に入るお仕事。体が冷えてしまうのでどんどん生理が重くなりそう」(28歳/医療・福祉/その他)

・「水泳の選手。漏れないか気になりそう」(28歳/商社・卸/技術職)

水泳のインストラクターや選手など、生理中はどうしているのだろうと気になったことはありませんか? 大事な大会などは薬でずらすこともあるかもしれませんが、普段はタンポン使用で乗り切るしかないでしょう。

■どんなに痛くても笑顔でいなければならない

・「コンパニオン。つらくても常に笑顔でいなければいけないから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ショップ店員。生理痛がきつくてもむちを打ってでも接客をしてそう」(32歳/その他/その他)

本当は笑顔なんて作れないほど痛いのに、お客さんの前に出た途端に口角がキュッとあがるのは感心してしまいますよね。加えて接客業にありがちな窮屈な服と高いヒール。むちを打って働くとはまさにこのことです。

■場合によってはトイレにも行けない

・「先生。立ちっぱなしで急にトイレに行くことが難しいから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「看護師さん。薄い色の制服なので漏れてしまったら目立つと思うし、患者さんの容態の変化によっては定期的にトイレタイムをとることも難しそう」(30歳/その他/その他)

生理中はモレや不快感を覚えたらすぐにでもトイレに行きたくなりますよね。ですがこれらの仕事は、自分の体の事情よりも優先しなければならないことがあるため、一定時間トイレに行くことができません。業務に就く前に万全の対策が必要ですね。

<まとめ>

たとえ生理痛が軽くても、ナプキンを取り換えたり、常にモレが気になったりと、働く女性にとっては煩わしいことこの上ない生理ですが、みんな自分の仕事に支障を来さないようにさまざまな工夫をしています。ですが、早く一週間が終わってほしいなぁと感じているのはどの職業に就く女性も同じかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月20日~2016年7月25日
調査人数:102人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]