お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

嫌がる彼女に●●させたい! にゃんにゃん中にみせる「むき出しの欲望」5

フォルサ

そのギャップがたまらない! 彼女にしか見せない彼氏の甘え方5

ふだんは頼もしい大人の彼、クールさが魅力の彼、そんな彼でも、親しくなるにつれて甘えん坊の一面がのぞくことは多いもの。彼女にしか見せない彼の顔について、男性の皆さんにズバリ答えてもらいました。

■まずはひざ枕で

・「無理やりにでも膝枕をしてもらう」(37歳/その他/販売職・サービス系)

・「頭を差し出してひざ元でなでてもらう」(34歳/その他/その他)

・「気持ちいいので膝の上で耳かきしてもらう」(36歳/運輸・倉庫/営業職)

今回、一番多かった回答が「ひざ枕」でした。「ひざ枕」と言えば、昔から仲むつまじいカップルの姿として定番ですが、現代でも根強い人気なのですね。彼女のひざの上は、とても気持ちよくて落ち着くのだとか。そのまま耳掃除をしてもらったり、頭をなでてもらったり、いかにも穏やかで幸せそうです。

■ネコ・赤ちゃんになる

・「いい子いい子してもらう!」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「あーんをする」(24歳/その他/技術職)

・「いきなり抱きついて、猫になる」(23歳/その他/その他)

赤ちゃんやネコのような甘え方で、彼女にじゃれついたり、優しさをおねだりしたりする男性も多く見られました。ふだんとまったくちがう姿を見せられるのも、心を許した彼女の前だからこそなのでしょう。

■ベッドの上では特別

・「普段はそんなに甘えませんが、セックスの時は甘えます」(39歳/運輸・倉庫/その他)

・「ベッドの上ですかね。行為の最中のおねだり」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「幼児言葉になりながら、彼女の全身をなめまわす」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

2人にとって一番親密な、2人だけの空間と時間、これはやはり特別のようですね。ベッドの上なら、プライドも恥じらいも捨ててしまえる。大人を自覚する彼でも、彼女に存分に甘えてよいのです。

■彼女のおっぱいを独り占め

・「胸に顔をうずめてそのままずっと抱きしめる」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「基本的に彼女にしか甘えないけど、胸枕は最高」(38歳 自動車関連 その他)

・「テレビを見ている間ずっとおっぱいをいじる」(31歳/情報・IT/技術職)

男性が女性に甘えたいとき、「胸、おっぱい」にこだわる声も集まりました。多くの男性にとって、「胸」は特に魅力的なもの。遠慮なく彼女に甘えられる場面では、すかさず胸に向かう男性が一定数いるようです。

■こんなこと、あんなこと

・「ルパン三世の物まねで『○○ちゃ~ん』とジャンピング」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

・「太ももにむぎむぎ挟まってバタバタする」(36歳/その他/営業職)

・「おでかけのキスなどをせがんだりする」(39歳/その他/営業職)

それぞれの男性の個性が表れます。楽しい甘え方をされると、ケンカをしていた彼女も思わずクスッ。すぐに仲直りできそうですね。

■まとめ

男性の甘え方もいろいろですが、どれも、心を許し合ったカップルならではの愛情表現であることを感じます。ふだんの姿とのギャップが大きい場合、まずは驚きながら、キュンとしてしまう彼女は多いことでしょう。なにしろ、自分にだけ見せてくれる姿なのですから。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月19日~7月20日
調査人数:192人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/佐上ひさ子)

お役立ち情報[PR]