お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

幸せってこういうこと! 女性あこがれの「新婚生活」3選

ファナティック

結婚生活に対するあこがれ。女性ならいろいろと持っていると思いますが、ラブラブな気分がまだまだ続いている新婚時代はどんな生活をしてみたいですか? 恋人同士とは気分も環境もガラリと変わる新婚生活。今回は女性たちがあこがれている新婚生活について聞いてみました。

■夫が家事に協力的

・「旦那さんも家事を積極的にやってくれて平和でケンカのない日々」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「家事をお互い分担して行い、一緒にご飯を食べて楽しく過ごす」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「自分の仕事は定時に終わり、帰宅したらご飯を作って相手の帰りを待つ。自分の帰りが遅いときは、相手が同じようにしてくれるとうれしい」(32歳/生保・損保/営業職)

結婚したら家事は妻任せというのではなく、積極的に家事を分担してくれる夫との幸せな新婚生活。揉め事もなく、家事を分担することでお互いに時間にも気持ちにも余裕ができて相手にもやさしくできる。一緒に暮らす喜びをかみしめられるような新婚生活が理想だという女性も多いようですね。

■休日は恋人気分でデート

・「休日にお弁当を持って近くの公園までサイクリング。ご飯を楽しみに旦那が帰ってくる生活」(28歳/建設・土木/技術職)

・「週末二人でご飯を作ったり、出かけたりして仲よく生活したい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「休みの日は二人でオシャレなカフェ風の朝ごはんを作る。ホームベーカリーで焼いたパンとか分厚いホットケーキとか」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚したけれど恋人同士のようなドキドキ感は持ち続けていたい。そう思う女性は休日は恋人気分でデートできるような新婚生活が理想のようです。カフェのようなオシャレなブランチを二人でゆっくりと食べながらお喋り。いつまでも、相手に対してときめきを感じられるような夫婦でいたいと思う人も少なくなさそうですね。

■キレイな部屋でのんびり暮らしたい

・「新築のマンションと新しい家具でのんびり生活する。好きな人との穏やかな生活にあこがれる」(33歳/不動産/専門職)

・「専業主婦で1年くらいしたら駐在についていく。習いごととかしたりして、のんびり生活したい」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「そこそこの広さの家で、のんびりできるソファとテーブルセットがあって、テレビがある。仕事から帰って、ゆっくりお喋りできる家庭が理想です」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚生活のスタートはオシャレで新しい部屋からスタート。二人だけのお城となる新居は、ゆったりとくつろげる場所であってほしいと思っている女性も多そうですね。ドラマティックな出来事はなくても、お互いの存在が癒しになる。そんなのんびりした暮らしにあこがれるという女性もいるようです。

■まとめ

女性たちが考える理想の新婚生活、いかがでしたか? こんな、穏やかで幸せを心から実感できそうな新婚生活にあこがれてしまうという女性は多いのではないでしょうか。好きな人とずっと一緒にいられるといううれしさはもちろん、結婚したからこそ得られる安心感というのも理想の新婚生活には大事なポイントのよう。恋人のドキドキ感、夫婦の癒し、どちらも感じられる新婚生活は素敵ですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月14日~7月19日
調査人数:118人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]