お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

熱帯夜を乗り切るために! クーラーなしで快眠するための方法4つ

ファナティック

暑い夏がやってくると、汗をかかないようクーラーをつけて寝ている人も多いのでは? 快適な温度でないと、ぐっすり眠ることもできませんよね。でも、クーラーだと体が冷えすぎてしまったり、電気代がかさんだりするので、できれば使いたくないものです。そこで今回は、クーラーなしで快眠するための方法について、女性のみなさんにアドバイスをもらいました。

<クーラーなしで快眠するための方法>

■扇風機をつける

・「扇風機をかける。エコだしかけっぱなしでいけるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「扇風機をまわし、部屋の空気が巡回するようにすると、かなり楽になる」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「サーキュレーターを上に向けて回す。ときどき風がふわっと当たって気持ちよく眠れる」(28歳/建設・土木/技術職)

扇風機だとクーラーよりも電気代を抑えることができるので、オススメですよね。直に体にあてると、風邪をひいてしまうこともあるので、部屋全体に風をまわして涼みたいですね。

■保冷剤を使う

・「首にアイスノンを当てる」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「アイスノンを枕に置いてます」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「保冷剤を顔や手に持って寝るととてもぐっすり眠れます。長年クーラーなしでこの方法で寝てます」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

首元や脇の下などに保冷剤をおくと、かなり暑さをしのぐことができますよね。効果がだんだん薄れてくるので、早めに眠りについてしまうのがよさそうです。

■冷感パッドを敷く

・「冷感素材の敷きパットを使用する」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「ひんやりするようなマットレスや枕を使う」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「冷却マットを敷いて寝る」(32歳/学校・教育関連/技術職)

最近ではいろいろなメーカーが、さまざまな冷感パッドを販売していますよね。体感温度はかなり冷たく感じるので、夏になると手放せないという人も多そうです。

■窓をあける

・「窓をあける。風が入ってくるから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「窓全開」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「窓をあけて寝るのがよさそう」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

夜になると気温が下がるので、窓をあけることで、外の風を取り入れることもできます。ただし防犯上はよくないので、注意しましょう。

<まとめ>

寝るときだけでなく、職場でクーラーが効きすぎて、寒い思いをしている人も多いかもしれませんね。クーラーにあたりすぎていると、体温調整も自分でできなくなりそうなので、使いすぎには注意しましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月8日~2016年7月12日
調査人数:145人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]