お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ドン引きしちゃう……! 「え、ちょっとヤバくない?」と思った彼氏のフェチ・4選

ファナティック

女性のカラダのパーツに、異常なほど興奮する男性もいますよね。フェチ度が高ければ高いほど、そうなるかもしれませんね。今回は社会人の女性に、「そのフェチ、ちょっとヤバくない?」と思った彼氏のフェチについて、いろいろお話を聞いてみました。

■ニオイフェチ

・「ニオイフェチ。気持ち悪かった」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「靴下のニオイをかぐ」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ニオイフェチ。マニアックなニオイが好きでついていけなかった」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

人のニオイをかぐのが大好きな人もいますよね。頭のニオイだったり、足のニオイだったり、そのフェチ度は人によってさまざまです。でもニオわれるほうにすれば、あまりいい気分にはなりませんよね。

■脚フェチ

・「足の毛の生えかけを触ること。ちょっと怖かった」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『脚が気持ちいい』といって、体中をスリスリしてくる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「太ももフェチ、人の太ももをずっと触っている癖があります」(32歳/その他/その他)

女性の足が大好きだという男性も多いのではないでしょうか。彼女がいる場合、思う存分、足を触ることができるので、ずっと触ってくる人もいるようですね。

■尻フェチ

・「お尻が好きなこと」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お尻が好き」(28歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「尻フェチ。外でデートしていても、尻を触ってきます。それはいいのですが、間違えても電車でちがう人の尻を触らないでほしい」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

男性から人気の高いパーツのひとつがお尻ではないでしょうか。あまりにフェチ度が過ぎると、外でほかの女性を触ってしまわないか、心配になりそうですよね。

■ぽっちゃりフェチ

・「お腹のお肉が好きだった人」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お腹の贅肉をつまむのが好き。もしかしたら胸より好きかも。本当失礼!」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ぽっちゃりフェチ。私ならいや。私もデブだけど」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

やたら体のお肉を触ってくる男性は、ぽっちゃりフェチかもしれませんね。何とも言えないその柔らかさに、つい包み込まれそうな気持ちになっているのかも。

■二の腕

・「二の腕。触るのが好きみたいだった」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「二の腕フェチで、手をつなぐより、二の腕をつまんでくる確率のほうが高いです」(24歳/金融・証券/営業職)

女性が気にしがちなパーツの二の腕も、男性にとっては触ると気持ちのいいフェチ度を上げてくれるパーツのひとつのようです。

■まとめ

「そのフェチ、ちょっとヤバくない?」と思った彼氏のフェチについて、さまざまなエピソードが寄せられました。脚、お尻、ニオイ、ぽっちゃり、二の腕など、男性によってクセになる部位はいろいろのようです。2人っきりのときにフェチを発揮するのはいいですが、外出しているときは控えてくれないと困りますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月26日~7月28日
調査人数:95人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]