お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コラム 片思い

【少女マンガに学ぶ脈あり脈なし】第6回『ちはやふる』

和久井香菜子

少女マンガを読んで、萌え萌えするだけではもったいない! ここには恋のノウハウが詰まっているのです。「魅力ある人物像」を追求している少女マンガだからこそ、恋愛の教科書にするべきですよ。片想い中に悩む「脈あり」「脈なし」について検証する連載です!

こんにちは、少女マンガ攻略・解析室室長の和久井香菜子です。
和久井は昔っから「年下男子が好き」と言われています。確かに、付き合う男性は圧倒的に年下が多いです。
でもそれは単に年下が多い環境にいることが多かったからなんですよね。
大学も10浪して行ってるので、必然的に学校にいるのは年下ばっかりだったし。

と、自分のフェチを環境のせいにしてましたが、このたびちょっと気づいたことがあります。
「やっぱり根っから年下が好きなんじゃないか」疑惑ですよ。

時代のせいなのか関係性のせいなのか、年上の男性って、

「バカだなあ、お前は!」
「お前って、××できないよな」

みたいな上から目線で話をしてくる人が多かったんですよね。
それがもうものすごくイヤだったんです。

一方で年が下だと、相手は一定の遠慮というか気遣いがあるので、しょっぱなから偉そうに口を利いてくる人はいませんでした。

つまりまあ、突き詰めて考えると、年上とか年下ということじゃなくて、
「偉そうにしている人」
が好きじゃないってことなんですけどね。

■今週の教科書『ちはやふる』

『ちはやふる』、名作ですよね。
お正月にちんたら遊ぶかるたではなく「競技かるた」というものがあるんだ! ってことを世に知らしめた人気作です。
青春を全部かけられる宝物を見つけたこと。信頼できる仲間がいること。勝負の中で自分を成長させていくこと。
読みながら、いっつもウルウルしてしまいます。
イチオシは太一です。王道ですが。

で、ざっくりあらすじです。
ストーリーは、千早が小学生のときから始まります。モデル活動にいそしむ姉とはちがい、千早には「夢」がありませんでした。だけどクラスのいじめられっ子・綿谷くんに「競技かるた」を教えてもらうんです。それが千早の人生の転機になりました。どんどんとかるたの魅力を知っていく千早。しかし千早が綿谷くんと仲がいいことが気に入らない、同じクラスのいじめっこ太一は、ひたすら2人をいじめます。

「千早はまだ男って感じだよな」
「こいつ(綿谷)の肩持ったら明日から千早もハブだぞ」
「ふ……ふんっ あいつどんだけ貧乏なんだよ。千早もよそ者かまうなよ」

まあ小学生だから仕方がないとはいえ、やきもち焼いて意地悪のし放題。
好きな女の子のスカートめくっちゃう系ですよ。
これって、外から見てれば「ああ、彼女のことが好きなのね」ってわかるけど、実際やられたらイラッとするんで、たいてい気づかないですよね。

いや~、久しぶりに1巻から読み返したんですが、最初、太一だって気づかなかったです。「なにこのいじめっ子ムカつく」くらいの感じ。

その後、話は小学校卒業から高校入学まで一気に飛びます。高校で千早と太一は再会。その頃にはお互い、大変な美男美女になってるんですよ……。そして太一はすっかり悪ガキから好青年へ。

■太一の脈ありサインとは?

太一の千早への態度を見ていると、男性の脈ありサインが満載です。

「好き」の反対は「嫌い」じゃなくて「無関心」とか言いますよね。
「嫌い」っていうのは、意識してる証拠。「なぜ」嫌いなのかを考えてみたら「自分以外の男と仲良くしてるから」「俺のことを認めないから」だったりして。

もし自分に、イヤなことばっかり言ってくる男性がいたとしましょう。そうしたら、ズバッと理由を聞いちゃいましょうよ。
「ねえ、どうしてそんなに意地悪を言うの? 私のことが嫌い?」
「そういうことを言われると、悲しいから、もうやめて」
と言ってみたら、相手はどうするんでしょうね。

少女マンガ的妄想力を発揮すると、答えに困った相手男子が、ガバッとハグしてくるとかですかね。「これが答えだよ!」みたいな。はあはあ。

話をストーリーに戻します。
高校で再開した千早と太一。2人でいるとき、太一の彼女から電話がかかってきました。そして太一に彼女がいることにびっくりする千早に、

「いや、べつに告られたからつきあってるだけで、そんな好きじゃないんだけど」

と太一。

めっちゃくちゃ言い訳じゃないですか!
てかそれ、裏を返せば、

「俺が告りたいのはお前で、すごく好きなのもお前なんだけど」

みたいな?
ギャー!(いや、勝手な妄想だけど)
脈ありサイン出しまくりの太一です。ねえねえ千早、太一いらないならちょうだい? 綿谷くんはあげるから。

■まとめ

「やたらいじめたり、マウンティングしてくる」
「付き合い中の彼女に対する気持ちに言い訳をする」

ただしいじめに関しては、高校ですでに太一はやらなくなってるので、大人になってまでいじめてくるような男性は、けっこう、かなり、精神年齢が低そうですけどね。

(文・イラスト/和久井香菜子)

★次回の『少女マンガに学ぶ脈あり脈なし』は8月16日(火)掲載予定です、お楽しみに!

バックナンバーはこちら

お役立ち情報[PR]