お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男性が愛する人に「甘えたくなる瞬間」5

フォルサ

甘えるのも甘えられるのも、カップルにとっては大切な愛情表現の一つ。そして、いつもなら彼女に甘えてほしい男性でも、時によっては逆に、彼女に甘えたくなる瞬間があるようです。どんな時に甘えたくなるのか、男性の皆さんに聞いてみました。

■体や心が弱っている時

・「風邪をひいて高熱が出たり、弱っているときには甘えたくなる」(23歳/その他/その他)
・「疲れたり、長距離運転が終わった後はヨシヨシして欲しい」(38歳/自動車関連/その他)
・「仕事でミスをしてこっぴどく怒られて、ヘコんだとき。そういうときは甘えたいと思う」(31歳/情報・IT/技術職)

彼女に甘えたくなるシーンとして一番多く挙がったのは、彼自身の体や心の状態が弱っている時でした。やはり病気になると心細いもの。彼女の優しさがほしくなります。仕事などで疲れていたり、辛いことがあった時にも、彼女に癒されたいと思うのは自然なことですね。

■彼女に優しくされたとき

・「やさしいことを言われた瞬間です」(30歳/運輸・倉庫/その他)

・「耳掃除してもらってる時は甘えても良いのか?と思ってしまう」(37歳/その他/その他)

・「食べ物を食べて口についたときに、取ってくれるとき」(36歳/自動車関連/技術職)

優しい言葉を掛けてもらったり、彼女だからこその思いやりや心づかいを感じたりすると、甘えたくなる男性が多数。「ひざまくらで耳掃除」はすでに甘えているのでは? きっと、ますます甘えたくなるのでしょう。

■彼女のしぐさや言葉にそそられた時

・「不意に囁くようにあまい言葉で誘惑とかしてきたときなど」(38歳/その他/その他)

・「色気を馬鹿みたいに出したとき」(22歳/学校・教育関連/その他)

・「つんつんしてたのが急に甘い感じで接してきたとき」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

彼女の甘い誘いをきっかけにして、ラブラブな様子が目に浮かぶようです。男性の趣味によっては、「お嬢様ワンピース風なロリータ服を着ているときに甘えたくなる」という声も。

■2人で眠気に包まれているとき

・「酔っ払って眠気が襲ったときに甘えたい」(38歳/医療・福祉/専門職)

・「眠い時など家でダラダラしてる時」(39歳/その他/その他)

・「朝起きた時が一番甘えたくなると思う」(33歳/情報・IT/技術職)

ほろ酔い気分でうとうとしたとき、朝起きてまどろんでいるようなとき、素直に自然にとなりの彼女に甘えたくなるのですね。

■何気ないしぐさや表情に突然

・「彼女の笑顔にドキドキしたときです」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「寝っ転がっていて、『うーん』などと腕を大きく伸ばしているところに飛びつく感じで」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

・「お風呂から出てきたときや髪を乾かしているとき」(23歳/その他/その他)

「2人でいる時はいつも甘えていたい」と答えた男性も多く、甘えたい気持ちに理由はいらないのかもしれませんね。普段の何気ないしぐさや表情でも、甘えたいスイッチが入ってしまうもののようです。

■まとめ

女性でも男性でも、心や体が弱った時、甘えられる人がそばにいると救われますね。何もなくても、甘えたり甘えられたりが自然にできるカップルは楽しそうです。甘えられたことのないあなた、もしかしたらあなたの彼も、たまには甘えたいのかもしれませんよ。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月19日~7月20日
調査人数:192人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/佐上ひさ子)

お役立ち情報[PR]