お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

お前、それマジでないわ! 男子が萎えに萎えた女子のNGキス・エピソード

ファナティック

キスお互いに愛情がないとできないディープキス。普通のキスよりも濃厚なディープキスをしているときには、男性の気持ちもさぞかし盛り上がっていそうですが、ディープキスのせいでテンションが一気に下がることもあるようです。今回はディープキスで気持ちが萎えた経験について男性たちに聞いてみました。

■ニオイがきつかった

・「口臭がきつくてつらかった」(29歳/金融・証券/営業職)

・「相手がタバコくさかったとき」(33歳/金融・証券/営業職)

・「冷静に考えると、あまり衛生的ではないなと思った」(31歳/機械・精密機器/技術職)

ディープキスに限らず、キスのときにはニオイケアを万全にしておかないとニオイが気になってキスに集中できなさそう。ニオイのきつい食事のあとや長時間歯磨きができない寝起きなどは、特にニオイが出やすいので、タイミングを見計らって歯磨きかうがいをしておきたいですね。

■やり方や終わるタイミングで困った

・「ディープキスというのを初めてしたときに、どうやっていいかわからず、相手のなすがままになってしまった」(36歳/情報・IT/技術職)

・「唇のまわりが、お互いベタベタになるので、相手の唇のまわりを汚さないようにしないと! と考えると、たまに積極的にディープキスができないときがあるので、困ったことがあります」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「どのタイミングで終わればいいのか分からない」(33歳/商社・卸/営業職)

唇を合わせるだけのキスよりもバリエーションの豊富なディープキス。正直「やり方がわからない」という男性もいるようです。どんな風にキスをすれば彼女が喜ぶのか、どのタイミングで終わらせればよいのか、色々考えていると盛り上がった気持ちも冷めてしまいそうですね。

■歯が当たって痛い

・「歯がぶつかって口内炎になった」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「歯が当たって痛かった」(28歳/その他/その他)

・「唇がガサガサ」(26歳/農林・水産/技術職)

・「前歯が当たって痛かった。カチャカチャ。出っ歯はめんどくさい」(36歳/学校・教育関連/その他)

激しい印象のあるディープキスですが、勢いのままにキスすると歯が当たって痛いですよね。どれだけいいムードになっていても歯が当たってしまうようなキスだと彼女のほうもガッカリ。お互いに気持ちが萎えて、そのあとに何かしようとは思えなくなりそうです。

■まとめ

上手なディープキスはセクシーな気分も盛り上げてくれるし、お互いの愛情をしっかりと確認できるもの。ソフトなキスもいいけれど、たまには情熱的なキスもしてみたいという女性も多いのではないでしょうか? 唇全体を近づけようと思うと歯が当たってしまうので、舌を上手に使うことを意識すればキュンとするような素敵なディープキスができそう。彼がガツガツ来ようとしたらさり気なく体を引いてうまく誘導してあげるのもいいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数92件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]