お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

生理中、彼氏にお願いしたい4つのこと

ファナティック

生理前後は、お腹の痛みや腰の痛みで悩まされる人も多いのではないでしょうか。体だけでなく、メンタルまでも弱くなってしまうので、いろいろ憂うつですよね。こんなとき、彼氏の存在こそが支えになるという人も多いのでは? そこで今回は、社会人女性のみなさんに「生理中に彼氏にお願いしたいこと」について本音を教えてもらいました。

■そっとしておいて

・「メンタルが弱くなるので、そっとしてほしい」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「生理痛で腰がどんより重いときがあるのでそういうときは何も言わずそっとしておいてほしい」(32歳/生保・損保/営業職)

・「そっとしておいてほしい」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

生理中は気持ちも暗くなってしまうこともあるので、なるべくそっとしておいてほしいと思う人も多いようです。あまり横で心配されすぎても、逆に気になりますものね。

■イライラしても気にしないで

・「イライラしていても放っておいてほしい。理由を聞かれても面倒だから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「イライラするのであまり話しかけないでほしいです」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「イライラしてもあまり気にしないでほしい」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

生理前後はお腹の痛みなども関係して、ついいつもよりイライラしてしまうことも。誰かれ構わず八つ当たりしそうな気持ちになるので、そんな様子を察知したら変に気を遣わず、いつも通り接してもらえるとありがたく感じるものです。

■マッサージしてほしい

・「腰をマッサージしてくれるとうれしい」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「腰のマッサージ。痛いときがあるから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「背中や腰をさする。軽めのマッサージなど」(28歳/医薬品・化粧品/技術職)

お腹や腰の痛みがひどいとき、マッサージで緩和されるという人も多いのではないでしょうか? 何も言わずやさしくマッサージしてくれる彼の手には、愛情を感じるもの。これだけで気持ちも落ち着きそうです。

■外出させないで

・「家にゆっくりいさせてほしい」(27歳/自動車関連/営業職)

・「外に出さず寝かせておいてほしい」(28歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「出かけたくない。ひとりにしておいてほしい」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

生理痛がひどいときは、歩くのもつらいことがあるものです。そんなときは無理矢理デートに誘うのではなく、家でゆっくりさせてほしいと思うのだとか。こんな日は、お家で映画を見るなど、のんびりとした時間を共有できるといいですね。

<まとめ>

生理中は自分でも気持ちのコントロールができなくて、つい周囲に八つ当たり気味になってしまうこともありますよね。やさしくなぐさめてくれるのもうれしいですが、場合によっては、ひとりでそっとしておいてくれるほうがうれしいこともあるもの。生理中の複雑な心境を、彼氏にうまく伝えられるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~2016年7月20日
調査人数:128人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]