お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

生理中のお風呂あがり、ナプキンをつけるタイミングは?

ファナティック

生理中は、気をつけなくてはならないことがたくさんありますよね。でも、自分が普段気をつけていることを、ほかの人はどうしているのかは、なかなか知る機会がありません。そこで今回は働く女性たちに、生理中のお風呂あがりに、いつナプキンをつけるのかについて教えてもらいました!

<生理中のお風呂あがりにナプキンをつけるタイミング>

■お風呂に入る前に!

・「お風呂に入る前から下着につけてある」(24歳/小売店/事務系専門職)

・「ナプキンをつけたショーツを脱衣所に置いておき、体を拭いたらすぐはく」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「お風呂に入る前にパンツにナプキンをセットしておく。お風呂からあがったらあそこをティッシュで押さえときながら水気を拭き取る」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「あらかじめ下着にナプキンをつけておいて、お風呂あがりすぐはけるようにする」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

血でバスマットやタオルを汚してしまわないために、すぐにナプキンをあてがえるよう、お風呂に入る前に、下着へナプキンを装着するという方法。お風呂の前にひと手間かかりますが、たしかにこれなら安心です。

■お風呂からあがってすぐ

・「全身と髪を拭いたあとすぐに脱衣所でつける」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「風呂からあがったらすぐ。そうしないと、だらだらと垂れてしまいます」(27歳/建設・土木/技術職)

・「バスタオルで拭いてパンツをはいたら、すぐにつける」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「血がよく出てるときは足だけ拭いてすぐ下着を履いてナプキンをつける。バスマットとかに垂れるのが嫌なので、多少蒸れても仕方ないくらいの勢いで……」(28歳/建設・土木/技術職)

出血量が多いときは、油断しているとすぐに、タラッと垂れてきてしまいますからね。体を拭いたら、ササッとが基本です。

■体がしっかり乾いてから

・「経験上蒸れずに乾いた状態で自分がいいかなと思ったら」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「お風呂から出て、ボディクリームを塗ったあと」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「水気を拭き取ってある程度乾かしてから付ける。湿気があると蒸れそうだから」(32歳/自動車関連/技術職)

湿気がある状態でナプキンをあててしまうと、蒸れてかぶれやかゆみの原因を作ってしまうこともあります。そういうお肌のトラブルか気になる人は、血が垂れるのに気をつけて、乾くのを待ったほうがいいのかもしれません。

<まとめ>

経血量や、お肌の状態によって、お風呂あがりにナプキンをあてがうタイミングは、工夫したほうがよさそうですね。いつも同じ、ではなく、そのときの自分のコンディションで選び、ストレスの少ない生理期間を過ごしましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月24日~2016年6月28日
調査人数:122人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]