お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ネイル

男性が「お金をかけるべき」と感じる女性の見た目の自分みがきのポイント3選

ファナティック

自分自身に投資することは、すぐに結果が出なかったとしてもいつかは「やっておいてよかった」と思えること。自分みがきを続けることで数年後に差がつくのなら、少しくらいお金をかけておいてもいいと思えますよね。今回は、「ココはお金をかけるべき」と男性が思う女性の外見的な自分磨きのポイントについて聞いてみました。

【老けは日常から! 「オバサン要素」診断】

■肌や髪のケアはしっかり

・「やはり顔。メイクなどでごまかすのではなく、自然な顔立ちが活きるように手入れしてほしい」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「目元のシワのケア。目元は年齢があらわれやすいから」(31歳/自動車関連/技術職)

・「肌。やっぱり肌感が一番際立つから」(32歳/その他/技術職)

・「スタイルと肌の状態を維持するための食事や運動などはお金をかけてもいい」(39歳/小売店/事務系専門職)

・「髪の毛がボサボサだったりツヤがなかったりすると女性の魅力が半減すると思うので、ヘアケアにお金をかけてほしい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

肌や髪は年齢とともに衰えていくものだし、少しでもケアをサボると見た目でもすぐにわかるもの。スキンケアやヘアケアには多少のお金をかけてでもキレイな状態をキープしてもらいたいと思っている男性は多いようです。メイクで隠すのではなく肌そのものがキレイなほうがいいというのは、女性自身も感じていることですよね。

■健康的なスタイルを維持

・「化粧品なんかより、体形維持にもっとお金や労力を使ったほうがいい」(38歳/ソフトウェア/営業職)

・「健康。不健康だと元気もなくなるし、顔にも出てくるのでやはり健康的な女性が一番良いと思います。変にダイエットとかして、バランス崩して不健康に痩せるくらいなら、少しぽっちゃりでも健康的なほうがずっといいと思います」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「ウエストからお腹まわりの肉を落とす」(38歳/医療・福祉/営業職)

バランスのとれた体形を維持するために、お金をかけるべきだという男性も。不健康にダイエットをして痩せるというのではなく、ジムに通ったり体に良いものを食べて健康的に美ボディを維持する。見た目がいいというだけでなく、健康に気を遣いながらキレイに痩せるというのは、意外と時間もお金もかかるものかもしれませんね。

■手先をキレイに

・「手先。ネイルとかで着飾る訳じゃなくて手先がきれいな人は、多分できる女性って気がする」(36歳/農林・水産/経営・コンサルタント系)

・「手のケア。手だけは年をごまかせないから」(39歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「手。露出してる部位で一番年を反映するから」(30歳/建設・土木/技術職)

一年中、露出していて人目に触れることも多い手先。ネイルなどで飾るだけではなく手自体をキレイにケアしてほしいという男性もいるようです。顔と同じくらいていねいに時間をかけてお手入れしてあげる必要がありますよね。

■まとめ

男性が女性に「ココだけはお金をかけてもいいからケアをしっかりしてほしい」というポイントは、やはり年齢を重ねるごとに少しずつ変化があらわれるパーツが多いみたい。年齢のせいにして、肌や髪の衰えを放置したり、スタイルが崩れていくことを見て見ぬふりしたりするのではなく、そうならないために早い段階である程度の投資をすることも大事ですよね。体の中からキレイになるための食事とそれを助けてあげるためのケアグッズをうまく活用して、年齢を重ねてもキレイをキープしたいものです!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月14日〜15日
調査人数:399人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]