お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

血が漏れませんように! タンポンを使うタイミング3つ

ファナティック

生理のときに使う主な生理用品は「ナプキン」ですが、最近では「布ナプキン」や、「生理カップ」なんてものも出てきましたね。また、昔からある、生理中の女性の強い味方「タンポン」というものもあります。そこで今回は働く女性たちに、生理中、タンポンをどんなタイミングで使うのか教えてもらいました。

<タンポンを使うタイミング>

■プールや海に行くときに

・「生理がきて、プールの授業とか海に入るときです」(24歳/金融・証券/営業職)

・「マリンスポーツや海に遊びに行くときに生理になったとき」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「温泉旅行に行くとき。血が漏れてほしくないから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「海やプールに行くとき。ナプキンは使用できないから」(27歳/建設・土木/技術職)

タンポンのもっとも大きな特徴は、それをつけていれば、水の中に入っても血が漏れてこないということ。プールや海に行く約束の日に、生理になってしまったら、活用したいですね。

■漏れそうなとき

・「多い日でおでかけのとき。漏れの心配が減るから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「生理がひどいとき。タンポンを使えば腹痛も楽になるから」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「血の量が多い。気になる」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「激しく動く運動など」(32歳/その他/その他)

量が多かったり、激しい運動をしたりするときも、タンポンは有効です。ナプキンでは漏れて下着を汚してしまう心配がありますが、タンポンならその心配はありません。ナプキンと併用する手もありますね。

■ナプキンを長時間換えられないとき

・「長時間お手洗いに行けないとき」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「彼の家に遊びに行くとき」(25歳/農林・水産/その他)

・「旅行で長時間変えられないとき」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「旅行に行くとき。長時間トイレに行けないかもって思うから」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

ナプキンを長時間にわたり交換できないときも、タンポンがオススメです。漏れてくる心配もありませんし、濡れたナプキンが肌に触れ続けて、かぶれてしまう可能性も低くなります。

<まとめ>

ナプキンに比べ、抵抗感を覚える人も少なくないタンポンですが、使いどころを工夫すると、ブルーになりがちな生理期間も快適に過ごすことができます。この夏、楽しい予定が入っているときに、生理になってしまったら、タンポンを使うことも検討したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月24日~2016年6月28日
調査人数:122人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]